NPO会計日誌の書き方(支払の部・最後の締め) NO3

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 08:40

NPO会計日誌の書き方[支払の部]と、一日の最後の締めについて説明します。
(会計日誌については、こちらを、 収入の部の書き方については、こちらを 参照ください)

では、支払をした場合の記入の仕方です。
この日誌は、一日で一ページなので、上半分が入金、
下半分は支払を記入します。

まず、支払の記入

支払も入金同様に、どういう支払なのかを把握しなければいけません。

[事業名]どの事業の支払なのか
[勘定科目]どういう科目名なのか(予算書等参考)
[金額]
[取引先]どこへ支払ったのか(店名等)
[摘要]どういう内容の支払なのかわかるように

普通預金や、ゆうちょ銀行へ預入れした場合には、
下方の、銀行へ預入れの箇所に記入します。




その日を締めて終わる処理

まず、支払額の合計をの欄に記入します。

次に、い陵鵑砲蓮
 柄以任らの繰越額)に ◆米金合計)を足し算して、
(支払合計)を引いた額を記入します。
 椨◆櫚=


次が要注意!
「本日現金残高イ龍盂曄廚箸いν


この欄には、下方に記入する欄があるように、
お金を実際に数えて、金種別を記入し、その金額
つまり、ほんとうに金庫の中にある金額、を書きます。

この欄がもっとも重要です。

よく見かけるのは、「あるはずの額」を書く人です。
たとえば
全部で、53,920円のうち、30,000円は明日、講師料として支払を
するので、先に封筒にいれている。金庫の中にはあるけれど、
もう30,000円は払ったものと想定して、数えない、というような
「操作」をしてしまっていることが非常に多いのです。

もちろん、まだ支払をせず、金庫の中に(別封筒にしているけど)
あるにも関わらず、その日の支払の欄にも、
「講師謝金 30,000円出金」として記入してしまっています。

これは、虚偽ですね。


30,000円は、別封筒にしているけど、また人に渡していないし、
金庫の中に「存在」します。
ですから、お金を数えるときには、きちんと数えて記入すべきです。

そして、自分の印をおし、1週間に1度、あるいは1ヶ月に1度というような
ルールを決めて、第3者にも、お金を確認してもらって印を貰います。

ここまでして、初めて、正しく現金出納帳が書けたことになります。




冷や汗そんなことまで、しなくてもいいんじゃない?
そんなこと、やってられないよ、と思っている人いませんか?


このお金の出し入れが、会計のスタート地点です。
スタート地点があやふやで、どこからスタートしたのか
証明できなければ、たとえば、
駆けっこで1等賞をとっても、ほんとうに1等なのか、
怪しまれませんか?

もちろん、市販の現金出納帳でも問題ありません。
が、お金をきちんと数えて管理している、ということを
いつでも証明できるようにしておかなければいけません。
そういった意味で、エクセルで別途金種表を作成しなくても、
このノートだと、一度で済んでしまうので、とても便利です。




 

「会計監査」の練習をしてみませんか?

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 10:55

いままでの会計監査のやり方でよいのかどうか不安!

とか、 全くなにをどうすればよいのか困っている!など、

日頃の「会計監査」の悩みを、この機会に解決しましょう!!

 

会計専門家の協力を得て、NPO法人において監事が行うべき

監査(業務監査・会計監査)のうち、会計監査について

監査の練習をしてみよう! という企画です。

 

「ぜひ、経験したい!!!」という団体様を大募集です。

気になる団体様は、ぜひ、お問い合わせください!

 

*公認会計士による公式な会計監査ではありません。

団体訪問珍道中! 特非)花たば さまへ

  • 2017.06.10 Saturday
  • 17:35

こんにちは!かみとくです!

第6回目の今回は、

「特定非営利活動法人 花たば」さまです。

【ee-会計ソフト】をご利用いただいております。

 

 

↑↑「コミュニティハウス花たば」は、

目の前にあります「ろっこう医療生協」と連携して運営している

高齢者用賃貸マンションです。家賃収入で成り立っており、黒字事業です。

施設でお世話する、というよりも、心地よい住まいで一緒に暮らす感じです。

(写真はHPより。中のお部屋もHP内に詳しく載っております)

 

↓↓

「お茶処 花たば」は、

地域ふれあい喫茶としてスタッフ20名で運営されています。

 

 

 

↑↑

「ほっと花たば」は、商店街の中にある、リサイクルと委託販売のお店です。

NPO法人花たばのアンテナショップとして2015年6月のオープン以来、

順調にその役目を果たし、活気ある場所となっています。

 

それでは、ご紹介から。

~~~~~~~~~~~~~~~~

<目的>(定款)

この法人は、介護や援助を必要とする高齢者に対して、高齢者共同住宅の

運営事業をはじめとする福祉の増進を図る事業を行い、みんなが共生できる

まちづくりや環境、人権、平和を守る活動などを通して、真に人間性あふれた

より住みやすい社会の創造に寄与することを目的とする。

 

<事業の規模>収益:約4千万円(2016年度)

<理事>11名  <監事>2名 

 <HP>    特非)花たば

<事業報告書> 内閣府 NPO法人ポータルサイト

 

<「花たば」の由来>

花束、はなたば、ではなく、「花たば」です。

理事会で、やわらかい感じを出したいね、と議論し決まりました。

ロゴマークのデザインは「真心のたば」をイメージした手作りです。

よく見ると、花がハートなんですよ!良い意味での「おせっかい」が

「花たばネット」の事業につながっています。  

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ↓↓ こちらはファイリングのほんの一部。

この日は、ゴミ出しコーディネーターの宗近(むねちか)さんと、

生活支援コーディネーターの田中(たなか)さんが

事務所に詰めておられました。

ゴミ出しコーディネーターは祖父江(そぶえ)さんとの曜日替わりです。

 

 

<インタビュー>  

事務局・会計ご担当:久恒貞江(ひさつね・さだえ)さま。

久恒さまは、PTA役員やろっこう医療生協理事というつながりで

21年前から旧知の仲であった須見恭子(すみ・やすこ)理事長に

「引っ張り込まれた」かたちで、2009年からこちらの事務局として

関わっておられます。もともと、会計事務所で11年、呉服屋さんの

経理で25年の経歴をお持ちの久恒さま。

「会計・経理は好きでやっています。天職です。」とのこと!!

同席していただいた須見理事長は「久恒さんがいなかったら今頃どうなっていたか。

本当に感謝しています。」と大絶賛されていました。

 

【会計業務について】

Q1:ee‐会計ソフトの導入時期ときっかけ、ご感想を教えてください。

2007年4月に、CS神戸に紹介されたとのことで、最初は須見さんが担当していました。

その後、2009年1月に私が入り担当することになりました。入ってすぐに理事会提出用の

月締め資料を求められましたが、何しろ私は今まで会計業務は全部手書きで

やっておりましたから戸惑いました。しかしソフトにはすぐに慣れましたし、

今もとても使いやすくて助かっています。

要望として、荻野さんには、たまにはゆっくり来てほしいです(笑)

 

Q2:会計処理の体制と流れを教えてください。

小口現金は4つですが、全体のまとめは私の担当です。借入金とお給料は、

エクセルで計算式を作って管理し、預り金等は『閻魔帳』でチェックしています。

↓こちらが、その『閻魔帳』です。(なまなましいデータは隠させていただきました)

 

 

Q3:いま、振替伝票の束が見えましたが…。

はい、私はずっとこれです。見たことない人も今は多いのかな?

でもうちは発生主義だし、慣れてるし、私にはこれが一番いいのよ。

 

 

Q4:毎月の理事会に提出される月締め資料で工夫されていることはありますか?

理事さんたちは、スピード感を持って今後の事業運営を考えなければいけませんので、

なるべくすぐに数字がわかるように、余計な計算をしなくてもいいようにしています。

たとえば、コミュニティハウスの入居一時金(※注)ですが、これは償却資産です。

通常は3月に処理しますが、私はその年の減価償却費を12か月で割り、月単位で

計上しています。こうすることにより、理事さんたちが毎月に必要な経費として

把握することができますし、私としても、退去される時にいくらお支払いすれば良いのか

すぐにわかるから便利なのよ。

 

※注:入居者さんが終身利用権として、毎月の家賃とは別に入居時に支払うお金のこと。

10年以内に退去される場合は入居期間に応じて返還され、10年で償却される。

ただし、とても高齢である場合は、一時金なしの対応がなされることもある。

 

仕訳の例)

3/31 預金 / 前受金  600万

4/1  前受金/ 入居一時金収入 120万(←20%が、まず法人の収入となる)       

                 / 入居一時金   480万(←これを、10年で償却する)

4/30 入居一時金 / 入居一時金収入 4万(←480万÷10年÷12か月) 

 

下記の振替伝票の真ん中の摘要欄には、入居者さんのお名前が入ります。

 

 

Q5:すごく気配りをされているんですね。

事務所全体のお仕事との兼務で大変なのでは?

そりゃあ大変ですよ。だからね、毎月決まっている仕訳は、

空いた時間に先に伝票を切っておくの。とにかく先に先に前倒しして

処理しておくことが大事です。言われた時に、パッと数字や資料が示せるようにも

しておく必要があるし。おかげで週末の金曜日はクタクタよ(笑)

楽しいからこの年になっても続けてられるけどね!!

 

↑もちろん、補助元帳も完璧です!!

 

**

うーーーん、すごい!!荻野さんの訪問相談の際に

「久恒さんが完璧すぎて、やることないからさっさと帰る。」

と言われている気持ちもわかります…。

 

ここで、須見理事長にバトンタッチです。

外出を挟んでお時間を取ってくださいました。

 

【法人運営について】

Q1:会員さんが、毎年増えておられます。

そうなんです。2013年度は254名、2014年度は309名、2015年度は370名と、

毎年目標をクリアしています。ただ2016年度は333名で、少し延びが落ちています。

理由として、会費を滞納している会員さんの退会処理を進めたからなのですが、

それでも、「ほっと花たば」からの会員さんが増えていることもあり、

プラスで終えることができました。来年度はもっと増員できそうです。

 

Q2:ボランティアさんの定着率が高いと有名です。

そうですね〜。『ここはとっても落ち着ける』、と言ってくださる方もおられて、

ありがたいです。きっと、風通しが良いのだと思います。

お茶処「花たば」の予約も、アンテナショップ「ほっと花たば」のことも、

ぜーんぶ事務所で受けていますので、事務所には毎日20名前後の人が出入りしていて、

とっても活気があるんですよ。

 

また、楽しんで活動するために、色んなアイデアを持ち寄って経営努力も

欠かせません。お茶処ではマドレーヌが有名ですし、アンテナショップでは

オーダーメイドの委託販売が人気です。やっぱり売れると嬉しいですし、

モチベーションにもつながります。

ただ、謝金をお出ししているのですが、あくまでもボランティア、

ということで、ビジネスとの線引きが難しいところです。

 

 

↑お仕事終わりのスタッフさんにモデルをお願いし、

ご快諾いただいたのでパチリ! ↓まぶしくて見えにくいですが(;^_^A 

本の貸し出しもしておられます。

 

 

Q3:法人格はこのままですか?また、認定を取られる予定はありますか?

実は、スタッフの待遇をきちんとしたくて社会福祉法人も考えていたのですが、

規模が小さいことを理由に神戸市から認可がおりそうになかったのです。

今は、生活支援やゴミ出しのほうが認知度が高いですが、今後、

大きい事業が軌道に乗り、もっと規模が大きくなってくると、

法人格を分ける必要が出てくるかもしれませんね。認定については、

今のところは特に必要ないかなと思っています。

 

Q4:「コミュニティハウス花たば」についてもう少し詳しく教えてください。

入居者さんには自由にしていただいております。いつでも一人になれますし、

いつでも誰かに会えます。そして、いつでも誰かにまかせられます。

基本は自炊ですが、喫茶でランチもできます。たまに夕食をお出しするように

なったのは2015年6月からですが、最近はほぼ毎日作っています。

自治会組織としての班会(班長は宗近さん)が、月に1度行われます。

その夜は夕食会で皆さんと一緒に食卓を囲むのですが、たいてい誰かの

お誕生月と重なりますので、実質はお誕生日会になっています。

この日を楽しみにしておられる方も多いんですよ。

管理員は、男女2名ずつの交代制で、定年退職後の方が多いです。

ナースコールにも対応しており、看取りもさせていただきます。

 

 

↑玄関アプローチのバラが見事です!

↓入口。すっきりと整理されています。

 

 

↑こちらと ↓こちらは、 旅立たれた入居者さんの作品。

下は見えにくいですが、お習字です。思い出として、玄関に飾ってあります。

 

 

 

↑こちらはH29年5月のメニューです。

 

Q5:ひょうごん福祉ネットとのご関係について教えてください。

2008年の総会にひょうごん福祉ネット代表の日埜昭子さん

(注:NPO法人福祉ネットワーク西須磨だんらん代表)をお招きしました。

そこから、色々なネットワークにつながり、神戸市内外で、

学び合い、レベルアップを図り、制度外サービスの重要性を広く社会や行政に

発信しています。最新情報の共有やレベルの高い講座等、今後の福祉サービスを

考えるうえで欠かせない存在です。

 

Q6:今後の展開について教えてください。

お話を聞いていただいておわかりのように、当法人は、久恒さんが

経営コンサルの役割を果たしてくれています。やりたいと思っている事業は

たくさんありますが、事業体の経営状況を一番よくわかってくれている

久恒さんの目からみてどうなのか、資産も多いけど負債も多い現状を鑑みて、

今後も相談しながら、そして素敵な仲間と一緒に、地域福祉の推進を図ることを

めざして、引き続き着実な活動をしていきます!

 

 

 

↑六甲山を背景に、5階建てコミュニティハウス花たばの屋上菜園にて。

手前はイチゴです。5月のイチゴ狩りを楽しみにしておられる入居者さんも

多くおられます。後ろには玉ねぎ等、たくさんのお野菜を育てられています。

 

職員さんの平均年齢は、元気はつらつの 69.7歳! 前列右端が久恒さま、

その左隣が須見理事長です。 ちなみに、久恒さまのほうが少しだけ年上です…。

 

 

インタビューは、以上です。

5月1日!という非常に慌ただしい時におじゃまし、しかも1時間というお約束を

大幅にオーバーしてしまったにも拘わらず、最後までご協力いただき、

本当にありがとうございました!!

また、今後とも引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

☆☆〜〜かみとくのひとりごと〜〜☆☆

毎回同じことを書いておりますが、荻野さんから「ここに行きなさい」と

お達しがあるのが、歴史のある団体さんばかりなのですよ…。ということでお決まりのセリフ。

「今回も、歴史のある団体さまから貴重なお話をお伺いすることができました!!!」

 

**

 

NPO業界で、「会計は天職です」というお言葉がこんなに似合う方は、

めったにおられないのではないでしょうか。 単に経理や財務が得意なだけでは

務まりません。 「会計(accountability アカウンタビリティー)」なのです。

説明責任が伴います。 しかもNPO法人の会計担当者さんは、共感する仲間と一緒に

ミッションを達成するんだ!という強い気持ちと、組織全体を俯瞰し人間関係も調整する、

という、なんともしなやかな対応を求められます。

 

「他の会計担当者さんはどんな感じなの?」と聞かれ、「正直言って、

やりたくもない苦手な会計業務を仕方なく嫌々されている方も少なくありません。」

と申し上げましたところ、 「それはもったいないわね〜!こんなに楽しいのに!!」と

速攻でお返事が返ってきました。

 

**

 

そうですよね…。本当は、楽しいはずなんです。 組織の全体が把握できて、

今後の事業展開にも口出しできて。 ひょっとしたら、私たちは、会計に対して

苦手意識を持ちすぎて、大事なことが見えなくなっているのかもしれません。

「お金を数えるのが苦手で現金出納帳と実際の現金が合わない…。」

「勘定科目と言われても、何がどうなのかさっぱりわからない…。」

このようなこと、ありませんか? 「え、現金が合わない!?そんなはずないよ!

絶対合うはずだよ!!」 「え、科目がわからない!?なんで簿記勉強しないの?

会計担当者でしょ!!」 もし心無い誰かにそんなことを言われたら、

本当に凹みますよね…。

「何のために自分はこんなに頑張ってるんだろう…」って…。

 

**

 

久恒さまは、もともと会計畑で長年勤めてこられましたので、一般的な場合と

比較してはいけないのかもしれません。 しかし、いくらセンスがおありでも、

会計事務所にお勤めされ始めてすぐから、会計がバリバリできたかというと、

きっとそうではないのです。 きっと、たくさんたくさん伝票を切って、

たくさんたくさん数字と格闘して、ああでもないこうでもないと悩んで、

日々研鑽してこられたからこそ、今があるのだと思います。

 

**

 

会計業務というのは、だいたい、似たようなことの繰り返しです。

続けていれば、きっと、できるようになります。 わからないことを聞いたら

ノートに書き留める。 今、処理している内容をきちんとファイリングする。

そうしていれば、同じような事例が出てきたら同じような処理ができます。

決算の時に何をすればいいかも、段々とわかってきます。

その積み重ねによって、普段と違うお金の動きに敏感に反応できるようになります。

「あれ?いつもより支出が多いけど、このままで大丈夫かな?

ちょっと代表に相談してみよう。」と事前に手を打つことにつながり、

組織の適正な運営に大きく貢献できるようになるのです。

 

**

 

すぐには難しいと思いますが、誇りを持ってお仕事できるように、

そして、より良い未来のために共感する仲間と共に進んでいけるように、

何に目を向けるべきなのか。 久恒さまに教えていただいたような気がします。

みなさま、日々大変ですが、たまに休憩しながら、引き続きがんばりましょうね!(^^)!

 

**

それでは失礼いたします。 次回も、どうぞよろしくお願いいたします(^_^)/~ /

                             スタッフ:紙徳真理子@会計が苦手だけどがんばってます!

 

貸借対照表の公告

  • 2017.06.03 Saturday
  • 09:38

今年も早や6月、

皆さまの団体では、もう総会が終わったでしょうか。

総会で、法改正に伴う定款の変更を審議されたNPO法人もあったことと思います。

資産の総額変更登記に代え、貸借対照表を公告することになったため

各法人は媒体をどうするかを決める必要があるのです。

 

「公告は官報で」と定める法人は、定款変更しなければ、

貸借対照表を官報に載せる義務が生じます。

載せる内容は「要旨」でいいものの、それなりの料金が発生します。

 

ちなみに東京都官報販売所のホームページで、

株式会社の貸借対照表の最小枠は、約7万3千円となっています。

法では各種の媒体を挙げていますが、お金をかけたくなく、

自前のホームページもない場合、内閣府のNPO法人ポータルサイトが

ベターかと思われます。さて、皆さまはいかがされますか?

 

定款変更をする場合、日程に制約があるのでご注意ください。

公告の開始日(施行日)は、来年12月までの今後政令で定める日ですが、

施行日が決まればそれ以前の直近に作った貸借対照表を施行日前か

施行日以後遅滞なく公告する必要があります。

つまり今年決めなかった法人は、来年の施行日までに開催する総会で

決定することになります。

 

内閣府は、施行日に関係なく今年から導入できるモデル定款

(下記下線部)を発表しています。

 

「この法人の公告は、この法人の掲示場に掲示するとともに、

官報に掲載して行う。ただし、法第28 条の2第1 項に規定する

貸借対照表の公告については、○○に掲載して行う。」

 

今年度、これから総会を開催されるNPO法人の皆さま、

ご参考にされてはいかがでしょうか。

 

スタッフ会議余談

  • 2017.05.20 Saturday
  • 10:00

風薫る5月も早や下旬、

総会準備にあたふたされている法人が多いのではないでしょうか。

 

当センターへのSOSや相談の電話も減り、今年の決算レスキュー活動も

峠を越した観があります。 センターの荻野代表は相変わらず

各法人への訪問で明け暮れ、4〜5月、事務所に顔を見せる回数は

極端に減ります。

 

筆者は4月初めに勤続1年を迎えましたが、昨年の出勤初日に

「次に会えるのは5月中旬ですね」と言われて、なんとハードな!と

驚いたものでした。 今年も同様に慢性的な時間不足の中、

過日、珍しく代表も同席して、センターのスタッフ会議を開きました。

 

夜遅くまで話し合ったのは、新規事業やホームページの改訂案でした。

今年度、新たな事業展開の企画が進行中で、やがての発表を「乞うご期待」です。

ホームページは、新たな情報を盛り込み、見やすく使いやすいものにと

アイディアをぶつけあいました。 何かをする場合、方法論の前にまず大切なことは、

「誰のために、何のために」の確認です。

 

上記新規事業は、荻野代表の「よく頑張っている人をほめてあげたい」気持ちを

形にすることをみんなで共有しました。ホームページの改訂では、

「当センター創業・運営の思い」が分かり易く伝わることを基盤とした

再構成へのアイディアをぶつけあいました。

それにつけても、筆者が勤続の浅い新参者だからこそ言えるのでしょうけど、

こんなに真面目に純粋にNPOの会計支援を志し、実践する団体って

他にあるだろうかと思ってしまいます。

 

会議後、深夜の三日月を見上げつつ、

そうした事業に参画できる幸せ感にひたりながらの帰宅道でした。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM