#コロナとどう暮らす

  • 2020.07.13 Monday
  • 08:57

上記は、7月5日のYahoo Japanニュース掲載記事の見出し、

「コロナ禍でも出社した経理部の女性 ・・・・ 社内でも『不公平』感じた日々」の末尾部分です。以下、記事から抜粋引用します。

 

「本音はもちろん、テレワークがいいですよ。でも、出社しないとできない仕事ですから」。専門商社で働く20代の女性は言う。所属部署は経理部だ。たとえ社内が変わったとしても、やりとりする他社が変わらないと。業務の効率化を図るためにも、社会全体で紙や印鑑を使う慣習を捨て、電子化してほしい。彼女はそう願っている。

 

会社は経理部門にも目を向け、書類を自宅に持ち帰ることを許可。テレワークが認められたという。書類を紛失することなく、しっかりと管理ができるなら、という条件付きだった。彼女がテレワークを経験した日は少なかった。緊急事態宣言が解かれた今、会社からは出社、テレワークの2択を用意されている。 「でも出社を選ぼうと思っています。出社しないとできない仕事ですから。」

 

外出自粛期間中、テレワークが実施できなかった人は約7割にのぼり、できた日数は週平均1.4日だったそうです。筆者の単なる推測ですが、NPO法人は遥かに少ないのではないでしょうか。 

 

実際にテレワークを行うとすれば、職場内のルール、対外的なセキュリティなど多面的な配慮、準備が必要になります。 当法人ホームページでは、5月4日付お知らせで「会計担当者が在宅勤務する際」を掲載しました。 近々発売の新刊「NPO法人会計力検定テキスト実践編6分冊版」では、より具体的なチェックリストとして収録しています。ご興味ある方には、ご参考になるかと思います。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM