総会の工夫

  • 2020.05.18 Monday
  • 08:18

猛威を振るった新型コロナも新規感染者が減り、いったん終息に向かっているように見えます。

 

まだ警戒水域にある8都道府県を残し、39県で国の緊急事態宣言が解除されましたが、安全宣言が出たわけでなく、おっかなびっくりの新ステージ移行かと思われます。   

 

3月決算法人では決算業務と並行して、総会をどんな形で?と悩まれるところも少なくない模様です。当ホームページでも「三密をさける総会」「みなし総会実施の手順」などの情報を載せましたが、先日は「総会が遅れるため役員が任期切れになる」ことが心配というご相談がありました。

 

この法人は、定款に役員の任期を総会まで伸長できる規定を定めているので、もちろん心配無用です。定めていなくても一般的に、辞任又は任期満了後に後任者が就任するまでは、その職務を行う義務があります。

 

役員任期が切れても、総会で次期役員を選任する義務は残ります。 「三密」を避け、場合によっては「web会議」を模索しつつ、そうした役員改選の時期が巡ってきた法人も多いはずです。

 

そしてさらに、今年度の活動量低下に伴う収益減など、例年にも増して検討すべき課題が多々あるのではないでしょうか。 少人数で密度を浅くというニーズがありつつ、むしろ「密」な議論を要するのが実態というような気がします。

 

つまり、今年の総会は、例年と比較にならないぐらい難しい運営を要すると思われます。各法人で企画・工夫されて、実のある総会になることを期待いたします。

 

そこで皆さまにお願いです。いいアイディアがあれば、ぜひ当方にお教えください。工夫例に学ばせていただき、好事例は当ホームページで広く共有させていただければと思います。(その場合、ご希望により法人名は伏せさせていただきます。)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM