明けない夜はない

  • 2020.04.06 Monday
  • 13:16

世界中が新型コロナウィルスの脅威にさらされる中、

爛漫の春が訪れているのに、どうも気分が高揚しません。

個々人の生命の安全がおびやかされるだけでなく、

世界の経済がどうなるのか、人々の生活がやっていけるのか、

まったく五里霧中の心細い思いがします。

 

折しも新年度のスタート時期、今年の新入生にも、

社会人1年生の若者たちにも、気の毒な門出になりました。

どうか負けないで、凛々しく発進していただきたく、

いえ、新人だけでなく誰もが、これから続くであろう暗雲の

トンネルにへこたれないで、励まし合いながらくぐり抜けたいものです。

 

京都大学の山中伸弥教授が言われています。

「新型コロナウィルスとの闘いは短距離走ではなく、

1年は続く可能性のある長いマラソンです。」

そして、皆を励ます次のようなメッセージも、併せて述べられています。

「桜は来年も帰ってきます。人の命は返ってきません。」

この週末、関西は天気もよく、満開の桜を楽しみたいと思うのが

人情だったことでしょう。でも、山中教授のおっしゃるとおりです。

命と引き換えになりかねない、そして身近な人まで危険にさらしかねない

花見をするべきでなく、さらに言えば、今後も外出はできるだけ

避けるべきなのです。 シェイクスピアの作品中の言葉です。

「明けない夜はない」。でも現代人の私たちは、

待てば明けることを知りながら、一晩待つことさえ

苦手になっているのかもしれません。

爆発的な数の感染者を出さない。急ぎ開発している

ワクチンの完成さえ待てば、人類は新ウィルスに打ち勝てる。

分かっていながら、危険を冒して街に出る。

もう少し忍耐強く、そして賢くなる必要がありそうです。

 

今回は、「会計」から外れてごめんなさい。

今、最も大切と思うことを、書かせていただきました。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM