NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< NPO法人会計力検定にむけて | main | 採点結果 >>
ほめて育てる

2月16日(日)

第3回NPO法人会計力検定(入門・基本)が

全国6か所で実施され、筆者は東京会場に出向きました。

遅刻の方や受験票持参を忘れた方があったり、

問題の印刷ミスが1か所見つかったりなどで

一寸ハラハラしましたが、全国的にもまず順調かつ無事に

終わりました。

 

東京会場は中央区の十思スクエアでした。

江戸時代の伝馬町牢屋敷跡であり、安政の大獄に

連座して処刑された吉田松陰終焉の地です。

幕府ににらまれて処刑された罪人とはいえ、

松下村塾で維新の志士、明治の元勲を多く育て、

奇跡の教育者と言われた人です。

29歳での処刑はいかにも無念だったろうと思いながら、

敷地内の辞世の句碑に手を合わせたのでした。

司馬遼太郎の著書や講演録によれば、身分の低い子や、

たとえ“はなたれ小僧“に対してでも、丁寧に語りかけ、

敬語を使った人です。

子どもたちから学ぼうという姿勢の表れだったのでした。

子どもたちは心から喜び、先生の一言ひとことに真剣に

耳を傾けたことでしょう。

司馬はまた、

「一人ひとりの門人について、その才能を、識見を、

気性を、とにかくほめた。ほとんどが良い評価を

書いてもらっている」と語っています。

「だから、みんなが松陰をかつぎ、その死後も、

維新後も、かつぎ続けた。誰もが松陰の弟子だったことが

自慢だった」そうです。

 

「ほめて育てる」は、人を伸ばす秘訣と言われます。

子どもの教育も職場の人材育成も同じです。

NPO法人会計力検定も、会計担当者をほめる目的のもと

創設されました。チャレンジし合格することで周囲からほめられ、

自分でもご自身をほめながら力をつけていただくことを願っています。

 

| 会計あるあるブログ | 10:34 | - | - |