「休眠預金」の勉強会より

  • 2020.02.09 Sunday
  • 13:09

先日、「休眠預金」の勉強会を行いました。

全国NPO会計担当者ネットワーク&NPO会計支援センター

両主催の勉強会です。

 

講師は、この問題に早くから取り組まれているJさん。

制度の目的や決定に至る取り組み、ルール・運用の中身と

現状などがお聞きできました。

それに続く質疑ではホンネの意見交換が行われ、

実情と今後の課題が共有できました。

金融機関の口座で10年以上出し入れのない預金を、

NPO法人など民間公益活動の後押しとして

使用可能にした制度であり、全国ですでに動き出しています。

 

原資となる眠ったままのお金は毎年700億円と言われ、

それが助成金として活用されるのです。

資金不足に悩むこの分野では、もろ手を挙げて

歓迎される制度であり、筆者などは皆が大歓迎する

嬉しい話と理解していました。

 

ところが、この勉強会を経て思いが若干変わりました。

今までは自分なりの幻影で、バラ色の支援制度を

思い描いていました。しかし、大金が動くのだから

当然のことでしょうけど、そう甘いものではない

ということが理解できました。

 

当日出席者のお1人は、既に申請を検討する団体向けの

説明会に参加されていて、その際

「毎月TV電話による進捗報告が必要」と言われたそうです。

いずこもTV電話でということではないとしても、

資金を使うことによって達成される成果を可視化するため、

計画・予算・報告に相当なエネルギーを要することは

間違いないようです。

 

それはさておいても、そもそも地域社会や支援が

必要な人々を地道に支える活動団体にとって、

計画の進捗やめざましい成果を謳いあげるような

取り組みが求められるとすれば、

少しそりが合わない制度のような気がしています。

 

不勉強な筆者の思い過ごしであればいいのですが・・・。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM