NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 前途洋々 | main | 方向音痴です >>
1.01の法則と0.99の法則

過日の講座は、質問も多く出るなど受講のみなさんが

熱心で、講師として心地よくお話しすることができました。

初心者の人が多かったものの、こういった前向きの人たちは、

きっと職務能力の大きな伸びが期待できるに違いないと思い、

表題の法則の話をさせていただきました。

 

友人からの受け売りですが、

楽天の三木谷社長の著書に載っているそうです。

1.01と0.99の差は0.02。その僅かな差を軽視していると、

やがてとんでもない大差になるという話です。

ふつうの働き方を1として、その人が今までより0.01だけ

頑張るとどうなるでしょう。毎日0.01の努力を1年間、

つまり365日コツコツとつみ重ねると、算式は1.01の365乗です。

 

 

結果、37.8となります。

僅かな努力が積み重なれば、驚くほど大きく成長できるのです。

 

一方、毎日0.01の手抜きをしたとします。

算式は、1− 0.01 の365乗です。

 

 

結果、0.03 となり元の数より大きく減ります。

少しの手抜きの繰り返しで、人はどんどん退化すると言えます。

 

会計は、まさにコツコツそのものの職務です。

現金出納帳は、こまめに記帳し、必ず現金有高を確認します。

証憑も同様、紛失しないようきめ細かな整理・保管が必要です。

その他すべてにおいて年間コツコツと取り組む中で、

0.01の積み重ね効果が必ず表れてくるに違いありません。

一方、手抜きは禁物の職務です。気を抜いて、いいかげんな処理をすると、

そのしっぺ返しがやってきます。心して0.99にはならない日々を

送りたいものです。

 

この法則の話は、会計担当の人に最も似合う話題のような気がして

話してみました。割合みなさんが納得!という反応だった気がして、

これからも講座の中でしゃべって行こうと思っています。

 

| 会計あるあるブログ | 17:38 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1637010
トラックバック