NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< ポイント還元制度もややこしい | main | 事務所移転しました >>
会計ソフトの話(1)

11月に講師を務める初心者向け会計講座の主催者から、

講座の中身について追加依頼がありました。

受講予定者からの希望で、会計ソフトの話も加えてほしいそうです。

 

我がセンターが扱うee会計を話せば済むことかも知れませんが、

フェアじゃないので他のソフトについても喋ろうと、

ネットを検索してみました。自社商品のPRが多い中、

複数ソフトを比較対照するウェブサイト、「会計ソフト比較NAVI」が

ヒットしました。比較されているのは「freee」「会計王」「ee会計」であり、

「いずれも機能が充実し、最新の会計基準に対応している」と書かれています。

 

「よしよし!」と気を良くしていたら、他に「クラウド会計ソフトの比較ナビ」

というサイトが見つかりました。前述のサイトと似た内容ですが、

こちらはfreeeがベストと位置づけ、ee会計は料金も同程度の

洗練されたfreeeがあるので、わざわざ選ぶ理由はあまり見当たらない

とされています。

freeeの広告?と思いつつ、「洗練」の意味がよく分からず、freeeの特徴を

読み直してみました。「会計の知識、複式簿記の知識がなくても

会計処理が行える」や「お金のやり取りを自動的にデータ入力してくれる」

などと書かれています。

「キットの利用により、勘定科目の設定などが自動でできる」ともあります。

会計王に対しては、「freeeほどではないが、ある程度自動的にデータを

取り入れてくれる」そうです。ひょっとしたら、これら「自動」が「洗練」なのかも?

という気がしたのでした。

 

これらのサイトを見ることによって、我がee会計ソフトと他社のNPO会計ソフトの

違いが今さらながら明確に理解できたような気がします。

私たちのミッションに係る大切なことなので、次回、もう少しこのことについて

考えてみたいと思います。

 

| 会計あるあるブログ | 10:32 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1637006
トラックバック