NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 講座を終えて | main | 消費税軽減税率対策勉強会 >>
背が低いと

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

相変わらず暑いですね。 私の自宅では、

クーラーの代わりに扇風機をつけてパソコンを見ていると、

ファンがフル稼働してものすごい音がし、慌てて

クーラーのスイッチを入れる こともあります。

「暑いよー」というパソコンのSOSでしょう。

 

さて、今回は、身長の話です。 当センターの事務所は、

高いところにも備品を置いています。 例えば、

壁にかかった時計、書棚の高い位置に置かれた箱等々。

電池切れで時計が止まったり、その備品が必要になった際は、

背の低い 私はなかなか届かずに苦労します。

もちろん脚立があるので、それに乗るのですが、

背の高い人だと普通に 立ったままでも届くんだろうな〜と

思う時もあります。 では、背が高い方が良いかといえば、

それは場合によりけりなのでしょう。

私は自分が小さいので、背の高い人がうらやましく、

長身の友人に「背が高くていいよね〜」 と言ったことがあります。

その時の友人の返事が、「でも高すぎるとつっかえるし、

車とかに座る時も 窮屈だったりするよ」

そして、私が「ああ、そうか」と衝撃(?)を受けたのが、

続く次のセリフです。 「それに、背が低い人は、

ヒールの高い靴を履いたり厚底のブーツを履いたり

して調整できるけど、背が高い人はそういうことできないよ」

その通りだなと思いました。踵の高い靴を履けば、

プラス5センチくらいは伸ばせます。 でも、背が高い人は、

ずっと中腰で歩くわけにもいきませんし、調整し辛いです。

ということに思い当たり、ないものねだりをする自分に

ちょっと反省したのを 覚えています。

…とはいえ、あと5センチ、せめて3センチほしかったなあ

とは思いますが。 さすがにこれから身長が伸びることは

ないでしょうから、きっぱり諦めて、

脚立や踏み台を有効に使いつつ、仕事をしていきたいと思います。

 

それでは、また。

| 会計あるあるブログ | 17:48 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636998
トラックバック