NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 反省 | main | 背が低いと >>
講座を終えて

前回ご紹介した「NPO法人会計合同相談会」

認定法人をめざそう、それには会計が大切との趣旨で

例年実施される講座の今年版、3回シリーズが終りました。

 

従来と異なり、今回は初心者向けではなく、

実務経験者の質問を 主体にという試みでした。

しかし、参加された顔ぶれは、会計経験10数年の人から

設立直後で実務経験ゼロの人まで多彩でした。

経験差の広がりは講師として 焦点が絞りにくく、

難度の高い講座でしたが、まあ何とか無事に 終わって

「ヤレヤレ」でした。

 

「相談会」の進め方として、各回のテーマごとに

チェックリストを準備し、 自団体の会計実務の現状を

チェックするところからスタートしました。

参加者の皆さんにとって、意外に手抜きになっていることが

多いのを自覚する機会になったのではないでしょうか。

安易に流れがちな日常業務を、 一定時期に定点観測するなどは、

会計実務のレベルアップのために必要では? という気がしました。

 

3日目は、参加各団体の財務諸表のチェックを試みました。

中には収支計算書を用いる団体からの参加者もありました。

そろそろ活動計算書の導入を検討中とのことでしたが、

切替え前に現在の財務諸表スタイルになった理由が知りたいと

質問をいただきました。

また、貸借対照表のスタイルが資産・負債等を縦に並べる

「報告型」でなく、 「資産」と「負債+正味財産」を

左右に並べる「勘定型」を用いている団体もあり、

「なぜ報告型に決まったの?」という質問がありました。

そういえば企業人時代に見かけるのは勘定型ばかり

だった気がします。

 

NPOはなぜ報告型?至極当たり前の質問なのに

今まで疑問にも思わず、 明確に答えられなかったのが

心残りでした。

 

| 会計あるあるブログ | 17:22 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636997
トラックバック