NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 単純作業の罠 | main | 就任承諾書の日付 >>
「麗しい和」の時代

さすが10連休は長いですね。

皆さま、エンジョイされましたか?

筆者は昔、連休時の道路渋滞では度々苦労し、

人が動くときは動かないと決めて久しくなります。

今回は退屈かなーと若干の懸念はあったものの、

おかげさまでふだんは思い及ばない天皇家のことなど、

やんごとなき方面に思いを巡らせる非日常な日々を過ごすことができました。

 

それに、以前から抱えていた自分なりの宿題もあらかた片付き、

長い社会人経験の中でも最長の休日がつつがなく終わろうとしています。

スケール大きく楽しまれた方、ゆっくりとした時間の中で

日頃の疲れを癒された方ほか、多彩な過ごし方があったかと思います。

 

でも一方で、楽しみたくても思うにまかせられない方々も

いらっしゃったことでしょう。仕事を休めない子育てママの悲鳴や、

中小企業経営者の納期・工期・人手不足への苦労などを

報道で見かけました。某新聞の投書欄に、

「訪問介護サービスで休めない。休むと他のヘルパーの負担が

増える。なぜ10連休も!?」といったつぶやきが載っていました。  

 

筆者は毎年この時期、決算と連休が両立できない会計担当者のことが

気になります。例年にもまして、今年はさらに大変だったことでしょう。

職掌柄やむをえないことでしょうけど、一連の決算業務が完結したところで、

ゆっくりと骨休めしていただければと思います。

でも、慢性的に人手が不足がちなNPO法人の方には、

「そんな気休め言わないで!」と言われるかも。

職場仲間の皆さんで、ぜひ負担のバランスをお考えいただければと

思います。 なんといっても、「令和」は「麗しい和」の時代です。

「和をもって貴しとなす」は、日本古来の麗しい文化。

職場でも「和」の力を大切にして行きたいですね。

 

| 会計あるあるブログ | 11:05 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636987
トラックバック