NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 犬派と猫派 | main | 文章を書くのは難しい >>
経理に適した性格とは?

3月も下旬になり、決算時期が近づいてきました。

この時期、「ウデの見せどころ」と張り切る人、

「気持ちが重くなる人」、さまざまですね。

ハッピーな前者、ガンバローと励ましたくなる後者、

どこが違うのでしょう。

やはり本人の性格?と思って調べてみました。

 

「こびと株.com」という経理マンのブログが、

経理に向く人の性格を次の5つと言っています。

経理歴10年の現役が語る適性ですが、

曰く「経理は適・不適がむちくちゃ分かれる職種」だそうです。

なお、経理は会計業務の一部を指しますが、

ここではあまりこだわらず同義語と考えましょう。

 

1.勉強好き

会計や法律に興味があり、スキルアップ、知識の積み上げに

充実感を覚える人 

 

2.一人での仕事が好き

日中は一人で淡々とお仕事。伝票やPCとにらめっこの

マイペース派

 

3.説明好き

難しいことを分かり易く伝え、話す相手により

会話のレベルを変えることができる 

 

4.まじめ

法令、社内規程、会計基準など、他人が決めたルールに

違和感なく従うことができる

 

5.心配性

自分の判断や事務処理が間違っていないか、

ミスしないかなどあれこれ心配しがち

 

さて、いかがですか?前述の経理マンからは、

2つ以上当てはまれば適性ありとのご託宣ですが、

それならけっこう多くの人が該当するような気がしています。

そして何よりも心強いのは、親しい会計担当者のほとんどが、

少なくとも「勉強好きでまじめ」な人のような気がするのですが・・・。

 

上記ブログを紹介後に言うのは失礼ですが、

筆者は若い人に「適性などあまり悩みなさんな」とよく言います。

昔から言う「好きこそ物の上手なれ」が全てを解決するよと。

一所懸命やっているうちに好きになる、

それが達人へ道なのでは?と考えているのです。

ちょっと古いかなー?

 

| 会計あるあるブログ | 09:07 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636982
トラックバック