NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 事務力検定 中級受験 | main | 入社一年が過ぎました >>
「三都物語」のがっかり

2月17日(日)、第2回NPO法人会計力検定が

全国6か所の試験会場で行われました。

名古屋会場は今年が初回、筆者が応援の気持ちも込めて

現地に赴きました。会場内は静寂に包まれ、

鉛筆を走らせる音のみ聞こえて緊張感満載。

背筋が伸びる思いがして、気持が引き締まる非日常の時間を

満喫させていただきました。

(呑気なことを言い、受験された皆さま、ごめんなさい。)  

 

入門、基本を続けて受ける方も多く、2科目の場合は

通算2.5時間の奮戦、お疲れさまでした。

会場を後にされる皆さまの「やり終えたぞ!」という

爽やかな表情が印象的でした。 

名古屋会場は実施責任者であるN税理士のおかげで、

多くの方に受験いただけました。先生のご尽力と、

まだ名が売れていない検定に挑戦された皆さまのチャレンジ精神に

心より感謝しています。

 

ところで「検定」って世の中に無数にあるんですね。

ちょっとWikipediaを覗くと、その数の多さに圧倒されます。

中でも有名どころは簿記、英検、漢検などでしょうか。

ただ、単に簿記と言っても、日商以外に全経・全商・日ビなど

あります。その他、会計関連の検定には他にも多くの名称が

並んでいますが、やがて「NPO法人会計力検定」の名も

肩を並べる日が待ち遠しいです。

 

ついでにふと思いついて、「神戸学検定」を検索してみました。

地元民としていずれ受けたかった検定です。でも、なんと

受験者減で廃止されていました。ちなみに近年、ご当地検定は

京都、大阪、金沢の順で定着しているそうです。

その昔のJR「三都物語」キャンペーンを引き合いに出すまでもなく、

京都、大阪に並ぶのは神戸が適役のはず。なのに金沢に敗れるとは!と、

廃止のショックに重なっての残念さをしみじみ味わったのでした。

 

☆参考「NPO法人会計力検定コミュニティ」

(検定に興味のある方ならどなたでも参加可能です)

 

| 会計あるあるブログ | 18:40 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636979
トラックバック