NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 2月10日は何の日? | main | 「三都物語」のがっかり >>
事務力検定 中級受験

こんにちは。 NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

まだまだ寒い季節が続きます。 とはいえ、今年は暖冬のようです。

そういえば、兵庫にいる時は手袋もマフラーもせずにコートだけで

出歩いて ましたね、今年は。 祖母の家がある長野県に行った時は、

さすがに寒さで凍りそうになりましたが。

 

さて、今回は、事務力検定の中級を受験した話です。

正式な名称は、「応用実務編」ですね。 以前に受けて合格した初級は、

「入門手続き編」です。 今回の中級には対策講座はなく、

純粋に実務力を問われます。 開催も岡山のみ。 ということで、

行ってきました。岡山まで。

インドア派で引きこもりかつ方向音痴の私にとって、

新幹線に乗っての長距離 移動は大事です。

道中色々とあったのですが、書くと長くなりますので、割愛です。

 

「色々」を乗り越え、すでに疲れ果ててよろよろしながら

岡山駅に着くと、 ロータリーに並ぶバスに目が行きました。

回送のバスだったのですが、私の知る限り、回送中のバスは

ただ「回送」 というランプが点いているだけです。

しかし、JR岡山駅JR前に並ぶバスには「すみません。回送中です」

という ランプが。 おお、丁寧だ…と、何だか感動してしまいました。

岡山に来るのは初めてなので、岡山観光でもしたいところでしたが、

とてもそんな精神的な余裕がなく、まっすぐ会場に行きました。

 

ちなみに、以前の記事には、岡山NPOセンター様は路面電車に

乗っていく と書いたのですが、検定の会場は別のところでした。

「ゆうあいセンター」という建物で、

岡山県総合福祉・ボランティア・NPO 会館「きらめきプラザ」内に

あります。 建物に入ると、障がい者や作業所の皆さまが

作られたお菓子屋・小物を 売っているスペースを発見。

美味しそうなクッキーを買わせていただきました。

 

そして午後、いよいよ試験です。

開始と同時に問題用紙を開き……難しい!

初級と範囲は同じなのですが、より実践的な内容です。

受検中はずっと冷や汗が出ていました。 中級の受検資格は、

NPOの事務(実務)経験が3年以上ある方か初級に受かって

いる方です。私はもちろん後者で受検したのですが、

問題を解きながら、経験3年以上 という意味を実感していました。

問題は口外できませんので、詳しくは言えませんが、

上述の通り「実践的」 なのです。

「実際にNPO法人の事務をある程度の回数こなしてきた人に解ける問題」

だと感じました。 あくまで個人の感想です。

そして、事務職未経験かつ1年未満の私はどうなったかというと…

何とかぎりぎりで合格できました。 実務経験が圧倒的に不足している

私が合格できた理由は、大きく3つ。

 

 NPO法人の手引」。 兵庫県神戸市と、兵庫県のNPOの中間支援団体が

協力して作り上げたもので、 NPOの各種手続きなど、実務に必要なことを

ほぼ網羅しています。 これを必死に読み込んでいきました。

読み込みすぎてぼろぼろになり、表紙が破れました…。

手引きを作成してくださっている皆さま、ありがとうございます。

 

∋務力検定「初級」で受けた講義。 初級では、検定の前に

対策セミナーを受けることができます。 その講義内容を思い出し、

何度も復習しました。 初級の際にお世話になりました

宝塚NPOセンターさま、ありがとうございます。

 

Eセンター事務所でのこぼれ話。 入社以来、当センターの荻野と村上が、

(もちろん個人情報や守秘義務に 反しない範囲で)色々と、

支援の経験や事例を話してくれるのです。

「そういえば前に○○○〇なことがあってね〜」「へえ、そうなんですか〜」

という雑談交じりの会話がほとんどなのですが、なんとそれと類似した状況の

内容が、問題に出ました。 あの時のあの話、覚えていてよかった!

と思いました。

 

以上が、合格できた大きな要因です。 もちろん運もあったと思います。

しかし、言えることは、「中級は確かに経験者向けの内容です。

でも、初心者 でもきちんと勉強すれば合格は可能です」 ということです。

 

ちなみに、当センターでも「NPO法人会計力検定」という検定を

実施しています。

ただし会計だけでなはく、NPO全般に関する知識も問われるようです。

「ようです」と伝聞形なのは、私も今年受験するので、問題を一切見ることが

できないためです。 ただ、会計力検定に対応したテキストを読んでいると、

そうなのだろうなと。 事務力検定でも、会計分野は範囲ですし、

実際に会計の問題も出ました。 つまり、事務力検定と会計力検定、

どちらかの勉強をすれば、もう一方の 検定の勉強にもなるわけです。

 

両方の資格を取得するチャンスです。 なお会計力検定はテキストもあります。

ご興味がおありの方は当センターHPの取扱書籍のページをご覧ください。

経験者の方はもちろん、初心者の方もぜひ受検してみてはいかがでしょうか?

…と、最後に宣伝をしてしまいました。 今回の岡山は終始バタバタと

してしまいましたが、次に行った時はのんびり 観光したいなと思います。

それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 10:57 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636978
トラックバック