NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< ブレーカー事件 | main | 「忙しい」は「儲かってる」? >>
改元と消費税の年

みなさま、

良い新年をお迎えのことと拝察いたします。

今年もよろしくお願いします。

 

ところで、年明け早々PCのエクセルが不調で

戸惑った方はいらっしゃいませんでしたか?

筆者も「動作の停止」で困った1人です。

改元に備えたマイクロソフトのアップデートが

原因だったそうですね。

思わぬことで「平成」の閉幕近し!を実感し、

何となく慌ただしい気持ちになったのでした。

 

ただ、元号の変更による日常生活への影響は

少なくないでしょうけど、各法人の会計現場に与える影響は

限定的だと思われます。財務諸表や帳簿などの表示に

西暦をご使用の団体では何の心配もないでしょうし、

当センターのee会計、web会計のソフトもご心配は不要です。

 

和暦表示が主流または西暦と和暦が混在する団体は、

可能ならこれを機に西暦に変えれば即解決します。

また、和暦表示の契約書を西暦で管理するなど、

身の回りを少し見回して工夫してみるのもいいですね。

ただ、周囲の了解を得ながら進めるなどの気配りは

大切かと思われます。

 

お役所系では、ことはそう簡単ではないかも知れません。

数年前に某自治体職員と戦わせた議論を思い出します。

NPOと自治体が協働で作る印刷物の年号を

和暦にするか西暦にするか?西暦派のNPO側に対し、

自治体側は強固に和暦を主張しました。

やむなく、法令に基づく部分や届出書類のフォーマット、

記入見本は和暦、他の一般的な説明箇所は西暦と結論づけたのでした。

 

年号よりも、今年実務的に大変なのは消費税です。

増税に加え、新たに軽減税率が導入されるため、

複雑な税金がさらに複雑になります。

しっかり理解するために、

当センターでは2月に勉強会を予定しています。

参加ご希望の方は、下記ページを参照のうえお申し込みください。

消費税改正への準備はできていますか?

 

| 会計あるあるブログ | 12:35 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636975
トラックバック