NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 消費税法改正への準備はできていますか?! | main | 改元と消費税の年 >>
ブレーカー事件

新年あけましておめでとうございます。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。
お正月も終わり、みなさま通常の業務に戻られたでしょうか。
年末年始の休みは嬉しいのですが、その間に溜まっているであろう

メールや書籍注文のことなどを考えると、少し不安でもありました。

仕事初めから数日は、それらの処理でバタバタしつつ、

賀詞交歓会などにも参加させていただき、忙しく過ごしました。

と、せっかく新年の幕開けを書いたにも関わらず、

本日の話題は、逆行して昨年末のことです。

2018年12月28日、仕事納めの日でした。
今まで販売職にいた私にとって年末年始は繁忙期でした。
正月休み?仕事納め?何それ?という認識です。
しかし、今年は事務スタッフなのできっちり休めます。

その日、荻野さんは出張で、

「事務所の掃除をお願いします」と言われていました。
そこで、朝からの仕事が一区切りついたのを見計らい、

さっそく掃除機を持ち出して来てスイッチON。
快調にかけ始めたのですが…その時私は、

一つ大きなミスを犯していました。

いつもは出社と同時に、パソコンを点ける前に

掃除機をかけるのですが、その際に暖房器具の

コンセントは抜きます。同時に使うとブレーカーが落ちますので。
出社→タイムカード→暖房器具のコンセントを抜く→掃除機をかける、

という手順を繰り返していました。

しかし、28日はいつもと違い、朝一の仕事をしてから、

まずはハタキや濡れ布巾で棚や机を綺麗にし、

それから掃除機、という、いつもと違う手順で掃除しました。

そのせいか、暖房器具のコンセントを抜くのを忘れていたのです…。
致命的なミスでした。

掃除機をかけ始めてすぐ、事務所が停電に。
電気が消えただけでなく、電話もコピー機も、

全て落ちました。

仕事納めの大事な日なのに、お客さまから

急ぎの電話がかかってきても繋がらない状況に…。
この時点で私の頭の中は真っ白、顔面は真っ青、

真冬にも関わらず冷や汗ダラダラです。

結局、村上さんも巻き込んで何とかブレーカーを見つけて

復旧し、電話機などもきちんと再起動してくれました。

その後、荻野さんに事の顛末を報告すると、
「前にも説明したと思いますが、あれ(暖房器具)は落ちるんですよ」
「だから、あえて延長コードを買ったんですよね」
「掃除機をかける時は暖房器具は切りましょうね」
と、優しい調子ながらはっきり言われ、まさにその通りなので

返す言葉もなく…。
そうです、以前きちんと説明を受けて、

気をつけなきゃと思っていたんです。
なのに何で忘れるかな、と自問自答していました。

今回は、ごく短時間(数十分)できちんと復旧できたので、

幸いでした。下手をすると大惨事になっていました。
ただでさえ私は焦りやすいので、一つ一つ丁寧に、

しっかりとやっていかないと駄目よ、ということなのでしょう。

ともあれ、無事に新年を迎えることができました。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

| 新米スタッフの独り言 | 19:15 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636974
トラックバック