NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 川柳けっこう面白い | main | 天災時の休業ルールは? >>
初決算&初監査

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

「命に関わる暑さ」という報道が何日もあった夏も終わり、

涼しくなってきました。 掛け布団をかなりぶ厚いものに替えた

ところ、まだ早かったらしく、寝ている間に足元に弾き飛ばして

寝ていました。 この時期は気温が微妙なので、服装も悩みます。

七分袖か長袖か、薄手のカーディガンを羽織るか…。

4月や10月は、気候的には一番いい季節ですね。

花粉症の私にとっては辛い部分もありますが。

 

さて、今回は、初の決算と監査の話です。

9月は、当センターが事務局を務めているNPO法人、

「全国NPO会計担当者ネットワーク(JNAN)」 の決算業務と

監査がありました。 私が会計を担当したので、ドキドキでした。

会計担当、というと大仕事のように聞こえますが、

そこまで大規模な法人ではないので、複雑な会計はほとんどありません。

会計処理の基本を実地で学ぶには最適で、とても勉強になったと思います。

 

…しかし、いくら基本とはいえ、初めての経験です。

何か間違ってたらどうしよう。あ、あそこ大丈夫だったかな? と、

挙動不審になって証憑書類や出納帳を見直したり、

意味もなくファイルをごそごそめくったり。

一番緊張したのは、元帳を締める時です。

今年度は、私の勉強も兼ねて、会計ソフトを使用せずに手書きで

会計を行ったのです。 出納帳を書き、仕訳をおこして元帳に転記し、

試算表を作るところまで、全て手書きです。

さすがに計算書類は、パソコンに数字を打ち込んで作成しましたが。

元帳は、締めてしまえばもう訂正はできません。 なので、

元帳を締める前は、これでいいのか何度も見直しました。

定規とペンを持っては降ろし、持っては降ろし。

でも、締めてしまったら若干開き直りました。

間違いを見つけても、もう締めてしまったので今更どうにもなりませんしね…。

 

そして、監査を受け、無事にクリアしました。

監査して下さった税理士の先生は、とても明るくて優しい方でした。

税理士というと、なんとなく理知的でクールな印象が

あったので(完全に個人の偏見です)、ホッとしました。

私がこのセンターに入社して、気づけば8か月目に突入です。

こうして1年のサイクルを経験して、一つ一つ覚えていくんだなと思いました。

 

最後の締めに入る前に、一つお知らせです。

来る10月21日、全国NPO会計担当者ネットワーク主催で、

NPO会計何でも相談会を開催します。 NPO法人の会計に精通した

会計士や税理士、会計支援スタッフが集まり、参加者さまと

NPO会計に まつわる相談や疑問を話し合います。

日頃の会計処理で分からないこと、困っていること、

気になることなどがおありの方は、ぜひご参加ください!

時間は14時半〜16時半、神戸三宮で開催します。

詳細は、「全国会計担当者ネットワーク」

紹介しております。 たくさんの方々のご参加、

お待ちしております! それでは、またお会いしましょう。

 

 

| 新米スタッフの独り言 | 12:11 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636962
トラックバック