NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 防災の備えをしっかりと | main | 川柳けっこう面白い >>
備品の注文間違い事件

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

9月に入り、関西の台風、北海道の地震と自然災害がありました。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私の住む地域でも、台風の際、少しの間ですが

停電がありました。 その日は自宅待機で家にいたのですが、

まず考えたのが、「冷凍庫の中の食品をどうしよう?」 と

いうことでした。 停電、断水になってしまえば、

電気も水も使えませんから、大変です。

水は飲み水だけでなく、トイレ用の水も必要です。

台風が来る日は予報である程度分かるので、

あらかじめお風呂に水を汲み置きしておくのがいいかもしれません。

 

さて、今回は、事務所用品の注文で失敗した話です。

当センターの印刷機のインクが少なくなったため、

トナーを注文しようとしたのです。 事務所にある備品の管理、

発注も事務スタッフの仕事です。 さっそく、いつも利用している

販売サイトで検索し、注文ボタンをぽちっと押しました。

後日、さっそく届いた品を、いそいそ付け替えようとして

気づきました。 トナーではなくドラムユニットを注文していたことに…。

慌ててトナーを注文し直し、ドラムユニットは返品依頼をかけました。

 

しかし、です。失敗はまだ終わっていませんでした。

トナーを注文し直して一安心、と思い、落ち着いて

そのトナーの情報をよく読んでみると、 なんと、

センターの印刷機には対応していなかったのでした。

そこで三度目の検索を行い、今度こそ、対応している正しいトナーを

再注文しました。 間違えて頼んだ非対応のトナーは、

ドラムユニットと一緒に返品です。 今

回のことを通して、学んだことは一つ。

 

「失敗した時、焦ってやり直そうとすると更に失敗するので、

とりあえず落ち着いてから」 ということです。

特に私は焦りやすいので尚更です。 ミスをしても、冷静かつ迅速に

対応できる方もいらっしゃるのですが、慌てやすい人には

それが難しいのです…。 普通ならば数分で終わっていたことが、

失敗の繰り返しによって時間を大幅にロスしまうことにもなり得ます。

 

返品依頼書を書いたり、販売サイト側とやり取りしたりも

しなければならいですしね。 私が入社して、9月で半年が過ぎました。

少しずつ仕事に慣れてきた分、油断やケアレスミスも頻発しやすい時期です。

これから業務も増えていきますし、気を引き締めていきたいところです。

 

…と、自分に言い聞かせる良い経験になったと、

前向きに考えることにします。

それでは、また。

| 新米スタッフの独り言 | 08:36 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636960
トラックバック