NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< CS神戸さまの研修を受講しました | main | 備品の注文間違い事件 >>
防災の備えをしっかりと

前回、「茶寿とは何歳でしょう?」のクイズ、

直ちにお分かりの方、いらっしゃいましたか?

実は筆者は、ネットでこの言葉を知りました。

「茶の字の草かんむりは「十十」、つまり10が2つ並んで20。

下の部分は「八十八」の縦書きなので、

草かんむりの20と足して108歳」だそうです。

余談の連続になり、それも私事で恐縮ですが、

先週筆者の母が亡くなり、知人から白寿でしたねと言われました。

「百の字から一を取ったら白になるので、

100歳に1つ足らない99歳を白寿と言う」とのことです。

母は満年齢98歳でしたが、こうした長寿祝い名称は数え年で

言うらしいですね。そうか、白寿のお祝いをしてあげれば

よかったなーと、無知の哀しさを今さら嘆いています。

 

母の逝去に伴う諸々のことが台風20号と21号の狭間で

終わって有難かったですが、21号の近畿圏に残した爪痕は

大きかったですね。そして息を継ぐ間もなく、北海道の大地震!

遠い地域ではあるものの、身近な話題になりました。

認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワークの公開講座

が札幌で予定されていたのです。

いわく、「NPOの発展と信頼性向上に貢献する会計・税務の

総合アドバイザーの育成を目的として、税理士・会計士のために行う

2日間の実務家研修」。やむを得ない事態とはいえ、こうした研修が

中止になってしまうのは、本当に残念なことでした。

 

我が荻野代表は同法人の理事であり、当然参加予定でしたが、

前泊で行かなかったのが正解でした。結果的に事務所での内勤になり、

日頃の時間不足の解消に役立ちました。

でも、被災地の被害の深刻さを思うと、胸が痛みます。

日本列島、どうなったのかなと思うぐらいに災害が頻発する昨今、

お互いに日ごろの備えをしっかりして、

いざという時に慌てないようにしたいものです。

| 会計あるあるブログ | 09:05 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636959
トラックバック