NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 金庫の現金について | main | クイズでいっぷく、お茶にしません? >>
仏さまたちの時間感覚

お盆ですね。人々の仏教への関心は薄れても、

国民的行事とも言うべきお盆は廃れずに続くことを、

どこか面白く感じている筆者です。

ともあれ、お盆休みになり、気持の上で

ゆっくりされている方も少なくないと思います。

 

おたがい時間に追われがちな現代人の私たち、

これでいいのかなー? 仏さまたちからすれば

あくせくし過ぎと笑われているかも知れないなーと、

休暇初日のゆったり感の中で、仏さまの世界を考えてみました。

 

なんといっても、お釈迦さま入滅後、

後継の仏さまである弥勒(みろく)如来が出現するのが

56億7千万年後、息の長さに驚きます。  

仏教の世界の最長時間は「劫(こう)」と言うそうです。

「四十里四方の大きな岩を、百年に一度、天女が羽衣で払い、

岩が摩滅して無くなるまでの時間よりなお長い時間」と

定義されています。また別の表現では、

「四十里四方の城(そんなに背の高い城はないでしょうけど)に

ケシの粒を満たし、百年毎に一粒ずつ取り去って、

そのケシ粒が全て無くなるまでよりも長い時間」だそうです。

 

実質的にどれだけの期間なのか見当がつかず、

ネットで検索してみました。横川 淳氏という理学博士が

ブログ上で精密な計算をし、岩の磨滅に4,000,000,000,000兆年、

ケシ粒の満杯は6,400,000,000,000兆年かかると言われています。

そういえば未来永劫の「劫」、もはや計算を通り越し、

永遠と同義語と言っていいのではないでしょうか。

 

そんなことを考えつつ過ごした休日、何となく気宇壮大になって、

お盆明けにはいい仕事ができそうな気がしてきています。

 

| 会計あるあるブログ | 16:45 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636956
トラックバック