NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 3連チャン講座がスタート | main | バッチリ!の仮払金 >>
先日の豪雨

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

先日、7
月5日から8日にかけて、西日本どころか日本全体で、

記録的な豪雨がありました。
被災された方々にお見舞申し上げますとともに、

一日も早く日常の生活に戻れるよう祈っております。
あの時はもちろん、兵庫県も大雨でした。

一部では特別警報も出されましたね。
私の在住地域は、さすがに特別警報は出なかったのですが、

避難勧告が出ました。交通機関の麻痺や安全確保のため、

数々のイベントが中止または延期になり、私が7日に
参加するはずだった講座も延期になってしまいました。
今回はその話題を書かせていただきます。

私はまだまだ新人で、イベントの開催や運営に

携わったことは数えるほどしかありません。
しかも、主体ではなく補助がほとんどでした。
しかし、それでも、日程調整や準備の大変さの

一端は分かっているつもりです。
場所を押さえ、概要を決め、告知して出席者を募り、

運営者同士で協力し、応募状況を管理して
参加者リストを作ったり、タイムテーブルを作ったり、

必要物資を発注したりしなくてはなりません。
講師やゲストをお招きする場合、場所取りをするより先に、

その方々との日程調整もしなければなりませんね。
参加料をいただく場合、それも前納でいただく場合は、

参加者ごとの入金確認もする必要があります。

と、諸々の準備を重ねて開催されるイベントですが、

今回のような天災で中止や延期になると、
それらをもう一度最初からやり直さなくてはなりません。
もちろん、運営サイドも含めた参加者の安全が第一ですから、

天候や状況によって日取りを変更するのは、当然です。
……当然、なのですが、それはやはり大変なことです。
日程変更のお知らせから始まり、会場などをキャンセルし、

関係者と日取りを再調整して場所を取り直し、
参加者に伝え、新たな日程で都合が付かない方には

参加料を返金し…と、様々な仕事があります。
想像するだけで、私はパニックです…。

ですが各団体の皆さまは、非常に手早く、

冷静に対応されていて、すごいなあと思うばかりでした。
私が参加予定だった講座も、HPや電話で迅速に

延期のお知らせがありました。
フェイスブック等のSNSを活用して、

案内を発信している方々もいらっしゃいました。
今回は、大雨という事態を通じて、非常時の対応の

大切さを学ばせていただいたと思います。
何かにつけてあたふたイライラしている未熟な私も、

これから場数を踏んだあかつきには、
ぜひ皆さまのように、落ち着いててきぱきと

対応できるようになりたいものです…。

最後になりましたが、雨が止んでも、

地盤が緩んでいれば、土砂災害などの危険性も残ってます。
晴れていてもまだ油断せず、安全を最優先にしてくださいね。

それでは、またお会いしましょう。

 

| 新米スタッフの独り言 | 11:10 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636951
トラックバック