NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< この時期の電話相談 | main |
素直な人は伸びる

決算相談で大賑わいの5月が終りました。

月内、世間の耳目を集めたのは、何と言っても

アメフトの危険タックル問題でした。米朝首脳会談の

話題よりも報道を賑わせたのではないでしょうか。

筆者のみならず、たぶん多くの人が、最初は日大選手に対して、

「なんてことを!」と非難の目で見たと思います。

でも、事件の真相が解明されるにつれ、

いろんなことが見えてきました。

 

たまたま前回、当ブログで「素直な人が伸びる」ことを

書いた直後の事件でもあり、筆者にとっては、「素直」を

再度考える機会が巡ってきたような気がしたのでした。

パワハラ、驕り、保身といったイメージそのものの指導陣に対し、

正義感に立ち戻り、勇気をもってぶつかって行った若者像。

彼こそが「素直」を体現している人ではないだろうかという

思いがしました。多くの人の共感を得る行動であり、

筆者もその潔さ、率直さに心打たれた一人でした。

 

素直な人とは、自分に執着しない、つまり偏見や

思い込みを持たない人だと思います。謙虚だから、

他人の言葉に耳を傾け、新しい知識や情報を吸収して

自分のものにして行けるのです。

日大の選手は、指導者の間違った指導を受け入れてしまった

ところに悔いが残りますが、間違いに気づき、自己弁護せずに

自ら姿勢を正したところに偉さがあると思います。

 

素直と従順は似て非なるものです。人に流されず、

イエスマンになり下がらない。囚われのない心で人の話を

肯定的に受け止め、自分の頭、自分のハートで判断する。

その姿勢があればこそ、素直な人は伸びるのでしょう。

素直さを大切にしながら、いつまでも成長して行きたいものです。

 

| 会計あるあるブログ | 09:00 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636946
トラックバック