NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 内閣府のポータルサイトへの情報アップ | main | 簿記を紹介した福沢諭吉 >>
初のNPO訪問

こんにちは。

会計支援センター事務スタッフの松岡です。

4月も後半、気温が上がって来て嬉しいですね。

花粉症の私には辛い季節でもありますが…。

 

さて、先日、当センターがお世話になっております、

「特定法非営利活動法人よつ葉会」さまを訪問させていただきました。

よつ葉会さまは、「就労継続支援B型事業所 タオ工房」や

グループホームなどを運営されております。

こちらで昼食をご一緒させていただき、

お仕事の見学・お手伝いなどを させていただきました。

 

就労支援、B型、という言葉は、当センターに入社してから

度々聞いていましたが、 実際に見てみるとぐっとイメージが

掴めました。 皆さん、とても明るく楽しく生き生きとしておられ、

活気づいていたと思います。会話も弾んでいました。

就労支援という文字の響きから、もっと堅苦しい雰囲気を

想像していましたが、 もの作り、刺繍、配膳補助などの軽作業に

励む皆さんは、笑顔でのびのびしておられました。

特に刺繍の上手さには感心させられるばかりでした。

 

お土産屋にハンドタオルも買いました。

よつ葉会の皆さまが心を込めて作られた手作り品で、

タオ工房内で販売されています。 工房、という名前ですが、

実際は気軽に入りやすいお洒落な外観です。

一見すると普通のお店のようなので、ふらっと立ち寄られて

行く一般の方々も いるそうです。 時々、公共施設やイベント等にも

出向して販売することもあるそうです。

 

私が購入したのは、可愛い猫柄のものです。

 

これから、失敗した時や落ち込んだ時は、このタオルを見て

頑張ろうと思います。

よつ葉会の皆さま、本当にありがとうございました!

 

いつもは事務スタッフとして事務所にいることが多い私ですが、

たまに外に出て直接団体さまと関わると、また違う景色が

見えてくることを学んだ一日でした。

本業の事務職はなかなか慣れず、毎日おろおろしておりますが、

頑張っていきたいです。

 

それでは、また。

| 新米スタッフの独り言 | 10:13 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636940
トラックバック