NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 3月も終わり | main | 内閣府のポータルサイトへの情報アップ >>
龍馬はすごい!

西郷どんを語れば、筆者としては、

龍馬にも登場してほしくなります。

大政奉還1か月後に近江屋事件で暗殺され、

31歳の生涯を閉じた坂本龍馬。

土佐藩郷士(下級武士)の家に生まれながら、

時代の変革を目ざして突進した、

「維新史の奇蹟」とさえ称される活躍は、

誰もが知るところです。

 

勝海舟が、

「薩長連合、大政奉還、あれァ、 みんな龍馬が

ひとりでやったことさ」と 言ったそうですが、

名だたる志士の中でも別格の ヒーローだったのでは

ないでしょうか。

「日本を今一度せんたくいたし申候」という言葉は、

あまりにも有名です。

 

その彼は、会計に関しても素晴らしい名言を残しています。

「これより天下の事を知るには、会計もっとも大事なり」です。

龍馬は西郷に、 「新政府の成功は財務にかかっている。

英雄豪傑は多いが、 財務が分かるものがいない」と語り、

当時は無名だった 越前福井藩の三岡八郎(後の由利公正)を

財政担当に推薦しました。

商社的組織の海援隊を経営する龍馬は、志士第一の経済通であり、

西郷はじめ周囲は耳を傾けざるを得ません。

暗殺される直前まで福井へ足を運ぶなど、 本人や周囲の説得に力を

注いだことによって、この人事は成功し、 新政府の財務行政が無事

スタートしたのでした。 龍馬の開明的な考え方には感心してしまいます。

 

先述の「会計もっとも大事なり」は、

「将来ビジョンを描くには実態の正確な把握が必須であり、

そのために会計が最重要」ということだと思います。

いわば会計情報に立脚した

PDCA(プラン、ドゥ、チェック、アクション)サイクルを

回す発想であり、会計の位置づけ・役割や機能を

彼は明確に理解していたと言えるのではないでしょうか。

 

| 会計あるあるブログ | 05:00 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636938
トラックバック