NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 新スタッフの松岡です。 | main | 入社15日目! >>
やってみよう、やってみなければわからない

当ブログに何度か登場した「NPO法人会計力検定」、

ようやく本番の試験が終わりました。

入門、基本気同日に東京・神戸ほか合計4会場で一斉に実施され、

筆者は神戸会場で試験監督を務めました。

緊張感漂う静寂な室内で、問題を凝視し鉛筆を走らせる受験者の

真剣な面持ちに、筆者も身が引き締まり、肩が凝る思いでしたが、

なにはともあれ無事終わってホッと一息でした。

 

後日、関係者が集まり、試験実施を振返って総括を行いました。

当日の運営で気づいたことや、受験者から聞いた感想、意見などを

持ち寄り、いろんなことをまな板に載せました。

事前に細部まで詰めたつもりでしたが、想定しきれていなくて

当日戸惑ったこともいくつかありました。

 

表題の「やってみよう・・・」の語は、公文式教育法の創始者である

公文公氏の言葉です。「やってみよう」精神の実践によって、

公文式教室は今や海外50か国・地域に広がっています。

新たなチャレンジに取り組むとき、筆者はいつもこの公文氏の言葉を

思い出します。

思えば、「NPO法人会計力検定」も大きなチャレンジでした。

構想から始まって、テキスト作りに専念する一方で、

監修や試験問題作成にご協力いただく専門家の方々との連携、

そしてPRやテキスト販売、受験申込みの受付など全てが

新たな取組みで、「わからない」ことの連続でした。

 

とりあえず初回は終わったものの、基本供∪賁腑薀鵐の新設など

チャレンジは続きます。受験者増による事業の永続も必須の目標です。

行く先は決して平たんではなく、「やってみなければわからない」ことに

次々遭遇することでしょう。

「やってみよう」精神を堅持して、進撃したいものです。

 

| 会計あるあるブログ | 15:27 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636933
トラックバック