NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 預かった社会保険料は何月分? | main | 会計担当者は孤独? >>
昼行燈の決算書

薄ボンヤリとして役に立たない昼間の行灯(あんどん)。

「忠臣蔵」の主人公・大石内蔵助のあだ名でした。

しかし、そういう人間像を演じたのは敵方を油断させるためであり、

実像は優れた人物だったことは、史実が証明するところです。

人並み外れたマネジメント力があったからこそ、

浪士を率いて1年9か月もの間潜伏、満を持して吉良邸に討ち入り、

見事に目的を果たせたのでしょう。

いわゆる攻めにも守りにも強いリーダーだったと思われます。

 

守りの面で言えば、財務面の管理能力も抜群だったことが、

「忠臣蔵の決算書」という本(山本博文著・新潮新書)でわかります。

赤穂藩取り潰しから、討ち入り決行までの過程を通じて、

収支の記録が残されています。準備には、武器購入、情報収集・会議、

その他さまざまな費用を要しました。

一番多いのが関西〜江戸の旅費と滞在費で、 江戸滞在浪士には

月2分(約6万円)の生活費が支給されていたそうです。

軍資金は城明け渡し時の余剰金691両(約8,300万円)。

使った費用は697両(約8,360万円)。不足金は内蔵助の立替えです。

収支決算書は、討ち入り当日に亡主君夫人に提出されました。

財政的に火の車であり、資金が尽きるギリギリのタイミングでの

決行だったと言えそうです。

 

討ち入りの日は12月14日。実は筆者の誕生日です。

昔は誕生日を尋ねられると「忠臣蔵の日」と答えると分かって

もらえましたが、 最近の若い人にはそれが通じなくなってきました。

古い価値観に彩られた話題に興味がない若者が増えているのでしょうか。

ただ、あのような大事業が成功した背景に、会計面での手堅い管理が

あったことは、 もっと知られていいことだと思っています。

| 会計あるあるブログ | 13:10 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636922
トラックバック