NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 仮払金をしたときの処理方法(正しい方法) | main | 給与を現金で支払ったときの現金出納帳 >>
ボンボヤージュ!

当センターの花形営業ウーマン、紙徳さん。

もちろん少数精鋭(?)の職場だから、営業専念ではなく事務全般、

何でもこなす有能かつ頼りがいある人で筆者も随分お世話になりました。

残念ながら体調不良、ドクターストップで退職が決まり、

事務所は引継ぎでバタバタの10月末でした。

 

新スタッフは新庄さん。

数社の転職を経て、会計実務などの事務経験が豊富な女性です。

今後、実践の中で習得された会計現場の知恵など、

いろんなことを教えていただけることが楽しみです。

そういう意味では、紙徳さんは営業畑を歩いてきた人で、

会計に関わったのは当センターに入ってからでした。

簿記は入社後に学習し、日商簿記検定3級に3回チャレンジして

合格したゆっくり組です。

日ごろ現金残高が合わないので苦労した末、「金庫内に小人がいる」と

信じるに至った(ブログ「新米スタッフの独り言」2015.12.26)そうです。

だからこそ、会計で悩み戸惑う担当者各位の気持や苦渋が理解でき、

親しみや信頼を寄せていただけたのだと思います。

 

その彼女がいなくなれば、当然困ることも少なくありません。

新庄さんは、業務の引継ぎは受けたものの、「NPOって?」

「ee会計の特長は?」など、全てが初歩からのスタートです。

おまけにNPO法人会計検定の準備も始まり、

新人には悲鳴を上げたいほどの広い間口かと思われます。

しばらく不慣れな間、お取引いただいている皆さまにご不便を

おかけすることがあるかも知れませんが、事情ご賢察いただき、

温かい目で見ていただければ幸いです。

 

紙徳さんにとって当面は治療に専念しつつ、

快復後の新たな航路への再スタートを期す充電期間かと思われます。

めざましい飛翔の日が一日も早くやってくることを願って、ボンボヤージュ!  

 

| 会計あるあるブログ | 13:14 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636916
トラックバック