NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 「身体で覚える」にはほど遠いけど・・・ | main | ちょっと変わった検定ですが・・・・ >>
究極の支援策

「会計は専門でなく、実務で会計を担当したこともありません。」

筆者が講座などで話す自己紹介のさわりです。

「横道から会計に入ったので、迷える人の気持ち、分るなー」と

言いたいのです。  

 

会計力の素地は、企業人時代、自部門の損益管理や監査部門経験の中で

養えたと思います。でも一番力がついたのは、NPOで多くの運営相談を

こなしたおかげと思っています。

 

会計の課題に、相談者と共に迷い悩みつつ、知識と自信が増したことを

実感しています。「質問を受けることが、自分のステップアップへの近道」

振返ってみれば、そんなことが言えるかも知れません。

昔の自分なら「現金出納帳の書き方」講座があるなんて考えられないことでした。

「そんなの簡単、誰でもできる」と思い込んでいたからです。

上滑りで何もわかっていませんでした。

 

でも今は大丈夫、現金出納帳が会計現場では何よりも大切で、

しかもなかなか一筋縄ではいかない代物だと知っています。

例えば現金残高がマイナス!あり得ないことが起こる不思議。

「間違っています」の指摘は簡単です。

再発しないためにどうすればいいか?それが私たちのチャレンジなのです。

 

会計だけに専念できる環境でなく、教えてもらえる人も身近にいない。

でも、決算の公表が義務。思えばなかなかハードなことを、

皆さんやっていらっしゃる。だからこそ、支援に熱が入ります。

 

当センターの荻野代表など、熱が入りすぎて、「NPO法人会計検定」を

始めると宣言しています。詳しくは追ってHPトップページ(現在工事中)で

お知らせしますが、とにかく会計担当者の実務力向上のために

どうすればいいかを考え続けた結果の「究極の支援策」です。

 

現場密着の、中身の濃いテキストも近々デビューします。

真に受検者思いの新しいタイプの検定、乞うご期待です。

 

| 会計あるあるブログ | 18:00 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1636909
トラックバック