聞く人のニーズに応える

  • 2017.04.22 Saturday
  • 10:08

4月も下旬になり、決算作業が峠を越えた法人も

少なくないことでしょう。まだ悪戦苦闘中のところも

あるでしょうけど、とにかく日々の努力のゴールとも

いうべき大仕事、無事の完了を祈ります。

 

決算作業の次は、理事会などで決算書の説明を任される

会計担当者もいらっしゃいます。そうした場で分かり易く

説明するには、デスクワークとまた違ったスキルが求められるため、

過日「報告書を説明する」というテーマでセミナーを開催し、

スキルアップへの情報提供をしました。

 

耳を傾けてもらえる説明の要諦は、「聞く人のニーズに応える」

ことと言えます。決算書の説明を聞く皆さんがまず知りたいことは、

「法人の資産は増えたの?減ったの?」、「活動の費用対効果は?」

といったことでしょうか。

 

それらは、決算書に盛り込まれた多くのデータの、

いわば結論と言える重要なポイントです。聞き手の最大関心事とも

いうべき結論を先に伝えて、後からそこに行き着く道筋を説明する。

セミナーでは、そうした説明手順を提唱しました。

 

「結論を先に言え!」。筆者が新米サラリーマン時代に、

上司に叱り飛ばされた言葉です。陳腐な企画書を何の工夫もなく、

ただ順を追ってデータを丁寧に説明する筆者への、ウンザリ感満載の

「教育的指導」でした。以来、骨身に染み付いた筆者の仕事哲学の一つを

お伝えしたのでした。

 

そして、もう一つ大切なことをお伝えしました。

結論とは単なるデータでなく、それらが指し示す到達点です。

そこに行き着くためには、前年度の実績や当年度予算との比較など、

事前の分析が必要です。当年度の結果だけでは、

単に退屈な数値の羅列にすぎないからです。

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM