NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 決算準備セミナー | main | 決算の時期になりました! >>
いよいよ決算!
さて、決算の準備がおわれば、いよいよ「決算処理」です!
 
(3月末が年度末の団体を念頭に置いています)

決算、の前に、日々の処理が正しく終了していること、が前提です。
みなさん、大丈夫ですか?
入力(処理)途中のものや、誰かに質問しようと思ってそのまま、というような処理がありませんか?

一通り、日常行うべきものは終わった、というところからスタートです。
ここでは、まず気をつけるべき観点(考え方)を説明します。

以下の事柄についての情報を集めて、それに関する資料を作ってください。
前ページの決算の準備を参考にしてください。

特に、以下(次)に進む前に、前ページでも書きましたが、
1年間の入力内容の検証・確認」を済ませてしまってくださいね。

いろいろ大切な手順を省略して、先に先に、焦っても、結果、間違いの連発となって、
ドツボにはまりますよ!


おてんき残高の確認をする

帳簿(手集計したもの)やパソコンの集計表(試算表など)の金額と、
実際の「現物」が合っているのかどうか、を確認します。

合っているという思い込みがよくあるので注意!
目で見て確認してOK、もダメ! 
「いつ、誰が、何と何を確認して合っていたのか」という記録を残すこと!


◆会計ソフトから出した試算表や貸借対照表の普通預金の残高と手元の「預金通帳」の3月31日の残高とあっていますか?
3月分の支払いを4月3日に終えた、場合に、預金通帳の4月3日の残高が3月末の残高だ、という方をよく見かけます。これはだめですよ!

おてんき今年度中(3月末まで)に購入(物が納品)したもの、サービスの提供を受けたもので、支払は次年度(4月以降)になるものはありませんか?

◆給料が「月末締め、翌月15日支払」の場合は、3月の活動分の給料は4月に支払ということですね。3月月末に本来支払うべきものですが実務上不可能なので4月に支払ます。これを「未払(みはらい)」(未だ、払っていない)という処理にします。


おてんき4月以降の費用のはずが、3月までに支払っていたりしませんか?

◆5月に行う総会の会場費を3月中に支払っていたりしませんか?これを「前払(まえばらい)」(その場を使う時よりも前に、払った)という処理にします。


おてんき今年度中(3月末まで)に物品の販売をした、サービスの提供をしたけれども、お金の入金が4月以降になったものはありませんか?

◆3月に家事サービスに行って、その場でサービス料をもらえばいいのだけれど、何度もその利用者のところへ行くような場合、3月分まとめて請求書を作成して3月末に渡すと、お金をもらうのは4月ですね。これを「未収(みしゅう)」(未だ、収入になっていない)という処理をします。


おてんき4月以降入金になるべきものが、先に入金になったりしていませんか?

◆翌年度の(4月〜)の会費が、3月に先に振り込まれてきていたりしませんか?これを「前受(まえうけ)」(4月よりも前に、受け取った)という処理をします。


おてんき科目名や内容がわからなくて、仮の科目で処理をしていませんか?


◆仮払金(かりばらいきん)、仮受金(かりうけきん)という科目があります。どうしたらよいかわからない時に、「仮」に使う科目です。これは必ず解決してしまわなければいけません。「仮」(かり)のまま、次年度に繰り越さないようにします。

おてんき1年間のうちに、10万円以上の「物」を購入したり、修繕や工事をしたりしていませんか?

◆固定資産に計上する金額は、いろいろな基準があり、団体によっても違います。しかし通常の支出とは違って、「すこし大きい物を購入した」とか、「どこかを修繕、工事して大きな金額の支払いがあった」ということは、毎月日々繰り返される行為とは違うので、きちんと報告する必要があります。

おてんき物品の販売などをしている場合、「在庫(ざいこ)」がありませんか?

◆りんごを10個仕入れて、3月末までで8個売れたら、2個手元に残っていますね。この「2個残っているりんご」が在庫です。これをきちんと会計上、処理をして報告する必要があります。


なんか、たくさんになってきましたね。
ひとまず、最低限、これらのことを見直してみてください。

ここまでの資料等の準備ができたら、実際の会計処理(会計ソフトの操作)に入りましょう。
具体的な処理については、⇒⇒「決算処理を確認してください(^_-)-☆
| 決算関連 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1370613
トラックバック