NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 気づかせてくれる言葉 | main | 仮払金をしたときの処理方法(正しい方法) >>
仮払金のまちがった処理

仮払金の処理は、難しいですね。質問が多い問題です。
ここでよく見かける間違っている事例を挙げてみましょう。

(例)
9月30日に、スタッフAさんに、
ホームセンターでファイルを買ってきてもらうようにお願いし
2,000円を渡しました。
この2,000円という金額は仮に渡すので、正式な金額はまだ
わからないし、もちろん領収証もない、状態です。


みなさんは、どのようにかけばよいか、わかりますか?
------------------------------------------------------------------
「担当者さん」
支出の欄には、2,000円の支払いは書いていません。
領収証がないものは、支払いをしていはいけません!

と聞いたので、書いてもいけないと思って、
書きませんでした。また金額も確定していないし。

でも忘れてはいけないと思って、

括弧書きで2千円を書いておきました。

 

 

------------------------------------------------------------------
(おーっ、、なるほど! そう来るか!びっくり

Q:でも、そうすると、お金を数えたら、

帳簿の残高と、実際のお金の有り高が、一致しないでしょ?

 

A:大丈夫です!金種には、持ち出している2,000円をカッコ書きで

書いておきましたので。最初、2000円をどうするか、悩みましたが、

正式に領収証があって払ったものではないので、、、、、2000円は

別のところにあると想定して、+2000円としました。
------------------------------------------------------------------


困りましたね〜。
金種別表は、実際に存在するお金を数えることで、ノートで
計算した当日残高との違いを表現することが目的なのに、
金種別表を「想定して」書いてしまうと、意味がありませんね冷や汗

しかも、では、実際の金は15,500円しかなくて、

帳簿残は17,500円なので

承認する人も、承認印を押してはいけませんよね?!

みなさん、どのように思いますか?
この事例は実際に、現場で非常によく見かけます。
金種別表を「想定して」書いているんです。
こうされてしまうと、どうしようもありません。

とにかく、お金が金庫からでていったらそのとおりに書く。
そして、金種別表は、現金(紙幣と硬貨)の有高そのままを書きます。
これが守られていないと、現金出納帳は「うそ」になります。

では、「2千円の領収証がない」にもかかわらず、

現金出納帳に2千円の出金を書くためには、どうしましょう。
確かに2千円の領収証はないですね。しかし2千円を渡したことは
本当の事実です。ですから、団体内で「仮払をしたよ」ということを
書く書式
を作ります。これで支払いをしたことの証拠になります。

 

現金出納帳はこのようになります。

 

 

現金出納帳をもう一度、見直してみましょう!

| 会計相談でよくある事例 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1233821
トラックバック