NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 仮払金のまちがった処理 | main | ボンボヤージュ! >>
仮払金をしたときの処理方法(正しい方法)

「仮払金の処理」

経理担当者からの質問でよくあるケースです。

(例)
9月27日、理事長がでかけるので玄関スリッパの購入を頼みました。
いくらになるのか、わからないのでとりあえず5千円渡しました。
28日に、領収証と残金 3,490円を返してもらいました。


これを、どのように現金出納帳に書けばよいですか?

正しい書き方です。

9月27日
5,000円を実際に金庫から出して理事長に渡したので、
5,000円の支出を「出金欄」に記入します。
科目名は「仮払金」

摘要には、誰にどういう意図で渡したのかを書きます。

領収証がないので、お金を出した証拠がありません。

こういう場合には、仮払金申請書、などのフォームを

作成しておいて、相手に記入してもらいます。

そうすることで、担当者の記入漏れや処理わすれが防げますし、

お金を預かった人も、清算が必要だという意識を明確にできます。

 

 

 

9月28日に精算をする際には、

仮払金精算書を本人に記載してもらって、おつりと領収書を受け取ります。

(場合によっては、購入物も確認します)

 

 

ポイントはここです!
理事長が持って帰ってきた現金は、3,490円です。
しかし、この金額を現金出納帳には書きません。

〆能蕕法⇒事長から現金を受け取ったとき、
5,000円から領収証の金額を引き算した金額と、
現金が正しいかを確認します。

つまり、3,490円ちゃんとあるかどうか確認します。

もちろん、仮払精算書の記入とも確認しなければいけませんし、

領収証(レシート)ともチェックします。

 

案外「ハイハイ」なんていってお金を受け取ってその額を
確認せずに、そのまま金庫に入れる人があります。駄目ですよ!

⊆,法現金出納帳には、
「入金欄」に、5,000円と書きます。

考え方は、一旦、仮に渡した5千円はそのまま帰ってきたとします。

そして、同時に、1,510円をその場で渡した!と理解します。

その次に、何に支出したのか、を「出金欄」に記入します。
ここで、「レシートの日付が昨日だから」と思って
現金出納帳の昨日のページへもどって記入してしまう人があります。
これは、絶対にいけません怒りマーク

 


レシートの日付は、現金出納帳の摘要欄に書きます。

精算した日は9/28で、法人のお金が動いたのは9/28ですから、

9/28日付で現金出納帳の記載します。

念のため:
この話をすると、「理事長以外のスタッフに

仮払いした場合はどうするのですか?」と質問されることが

あります。今回の例はたまたま理事長なだけです。

誰に仮払いをしても、処理は同じですねOKOKOK

 

| 会計相談でよくある事例 | 13:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/23 8:57 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/06/30 10:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1232236
トラックバック