NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


<< 「預り金」がない? | main | 現金出納帳 NO2 >>
現金出納帳 NO1

「出納帳を記入する際の日付はいつ?」

とても多くこの質問を受けます。NPO法人では、事務所があって金庫が設置してあって、金庫番である会計担当者が居る、という形態をとっているところは比較的少ないですね。

団体のお金を会計担当者が封筒等にお金を入れて持ち歩くという場合も結構よくあります。すると、理事長などが普段必要な経費を立て替えておいて、後日、会計担当者と会った際に精算するということになります。

現金出納帳を記入する日付は、基本的に「団体のお金が動いた日」です。 
つまり会計担当者が、立替払いをしてくれていた人と精算をした日、ということになります。

ところが、みなさん、悩まれる問題があります。
立替払いをした日と、精算をした日の間がかなりあいていて、月が違う、という点です。

たとえば5月3日に、セミナーの会場を予約するために会場費を立替払いをします。ところが、会計担当者と会って精算するのは、7月のセミナーも終わってしまったあと、8月になってから、まとめてすべての立替を精算する、ということがあります。
みなさんも、そのようなことがありませんか?

みなさんが悩む点はこうです。
「5月に支払ったものを8月として記録して処理するのか、何かおかしいのではないか。セミナーは7月に行われたのに、8月に会場費を払ったことになるなんて、外部への説明もつじつまがあわなくて、だめなんじゃないでしょうか?」

非常にこういう相談が多くありますが、みなさんなら、どうすればいいと思われますか?

 

| 会計相談でよくある事例 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.npokaikei.com/trackback/1199665
トラックバック