NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


パンチはこまめに掃除しましょう

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

新型コロナウイルスに伴うイベントの自粛が各所に

影響していますね。 NPOのイベントもたくさん延期・中止に

なっており、感染拡大防止のためには やむを得ないこととはいえ、

残念に感じています。 一日も早く終息するよう願っております。

 

さて、今回は、「パンチ」についてです。 といっても、

殴るパンチではありません。 書類に穴を開けるための、

事務用品のパンチのことです。

ファイリングには必須のこの道具ですが、この前ふと思いました。

「そういえば、ずいぶん長い間パンチの中を開けていないな」と。

種類にもよりますが、大多数のものは、

「穴を開けるために丸く落とした 部分(いわゆる「パンチくず」)」は、

パンチの中に収納できるように なっています。

当事務所にあるパンチも同様です。 定期的にフタを開け、

中に溜まったパンチくずを出していかないと、 詰まってしまいます。

 

最後に開けたのはいつだったかな、かなり溜まってるだろうな、と思い、

パカッとフタを開けると、中にこんもりと詰まっていた大量のパンチくずが

宙を舞い、床に飛び散りました。 慌てて掃除機を引っ張り出してきて

綺麗にするも、あちこちに飛び散った パンチくずは服や髪に

くっついていたり、机の下に入り込んでいたり… 片付けに苦労しました。

 

パンチの手入れは忘れがちですが、忘れずにやるようにしよう、

と学んだ 日でした。

 

それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 13:19 | - | - |
NPO法人会計力検定にむけて

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

当センターは、NPO法人会計力検定の事務局も

兼ねています。


いよいよ2月16日(日)、

NPO法人会計力検定の実施日が近づいてきました。
実施するのは「入門・基本」で、今回は第3回目になります。
全国6か所での開催となり、新たに北海道会場が加わりました。

さて、私も検定の入門・基本は昨年受験しました。
今年は検定の事務局の立場ですので、

踏み込んだことは言えないのですが、
受験経験者の一人として、一つ経験から感じたことを

話したいと思います。

試験が始まったら、ざっとでいいので問題を最後まで見るといいと
思います。

最初の問題に時間を使ってしまい、ふと残りの問題を確認したら、
「え!まだこんなにあるの!?」「こんな問題が残ってるの!?」
と、時間が足りず慌てることにならないようにです。

流し読みでいいので、最初に問題全体の構造や数を把握しておくと、
時間配分がしやすくなります。

検定の問題は全て、NPO法人会計力検定テキストから出ます。
テキストを何度も読み込み、理解することが、合格への一番の近道
だと思います。

受験される皆様、頑張ってください!
今回は受験を見送られた方も、来年のお申込みをお待ちしております!

それでは、また。

| スタッフの独り言 | 15:17 | - | - |
新年明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

旧年中は多くの方にお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、お正月も過ぎ、令和2年がやってきた現在ですが、

少し遡って昨年12月 の話題を出したいと思います。

パソコンを見ていると、ある話題が目に入りました。

 

簡単にご紹介すると、ゆずは食用としては軽減税率8%の対象に

なるけれど 「ゆず湯用」だと食品じゃないので

軽減税率の対象外になるそうなのです。

へえ…と思いながら読みました。

 

ゆずに限らず、観賞用にも食用にもなる植物や花などは

ありますが、「食用と して販売されているか」どうかが

ポイントなのですね。 軽減税率って本当にややこしいです。

 

当センターでも、食品を販売されている団体様から

処理に関する問い合わせ が来ることがあります。

3月で決算を迎える団体様が多いと思いますが、

少しでも疑問を感じた時は、

些細なことでも構いませんので、

ぜひ当センターまでご相談ください。

それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 18:32 | - | - |
方向音痴です

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

厚手のコートが必要な時期がやってきましたね。

当センターがある地域(兵庫県の南部分)はあまり

雪は降らない のですが、皆様の地域はいかがでしょうか?

 

さて、今回は、タイトル通りです。

かなりの方向音痴なんです、私。

イベントで大阪に行った時は梅田から東梅田の乗り継ぎで迷い、

事務所近くの会館に用事があって行った時は

帰り道を間違えて迷いかけ、長野にある祖母宅の近くの

コンビニに行った時も曲がる道を間違えて

「ここどこ?」状態に…。

どこも、時間にして10分未満で着ける場所ばかりです。

なのに迷ってしまう(特に大阪梅田の地下は迷宮です)。

なので、どこかに出かける時は、特になじみのない場所に行く時は、

時間に余裕を持って出るようにしています。 とはいえ、

それは仕事上ではプラスの面ばかりではありません。

何故なら、通常なら5分前に着けばいいのに、余裕を見て

30分前に 着くように出ると、その分時間が押してしまいますし、

ロスも出ます。 その30分を使ってできる仕事もあるのに、

と思うと効率の悪さに悔しく なります。

しかし、約束の時間に遅れる方がまずいので、

結局早めに出ています…。

今は(というかかなり以前から)、ポータブル形式の

カーナビも出ている というので、それを持ち歩くことを

本気で検討してみようかと考えている この頃です。

迷わないコツや道順の覚え方などありましたら、

ぜひ教えてください!

それでは、また。

| スタッフの独り言 | 11:47 | - | trackbacks(0) |
事務所移転しました

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

いよいよ10月になりました。

消費税の税率が変わり、軽減税率も始まりましたね。

9月末から10月始めの間は、新聞がその話題で

持ち切りでした。 当センターへの問合せも

いただいておりますが、今回は別の話題です。

 

実は当センター、事務所を移転しました。

10月21日(月)から、新しい 事務所で心機一転して

業務を開始しております。 大変だったのはやはり、

荷造りと荷解きです。 というのも、既に何度か

触れていますが、私はホコリアレルギーなのです。

引っ越しのために段ボールを作ったり物を動かしたり

したら、当然ホコリ が舞います。

それを鋭く感知した鼻がすぐにムズムズ…。

 

しかし、荷造りと荷解きは引っ越しではもちろん必須。

やるしかないわけで、マスクの予備をカバンに常備しつつ、

せっせと作業に 励んでおりました。

新しい事務所に移り、備品や資料の位置も変わったので、

新しい配置に早く 慣れないとなあと考えているこの頃です。

 

それでは、また。

| スタッフの独り言 | 14:27 | - | trackbacks(0) |
通販サイトの広告

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

暑さは徐々に和らいできましたが、まだ蒸し蒸しする

日が続いています。これから秋にかけては、

急な天候・気温の変化が起こる時期になります。

体調管理はしっかり行っていきたいですね。

 

さて、今回は、仕事用の事務用品を注文した時の

出来事です。いつも利用している通販サイトで、

不足している事務用品を注文しました。

その直後、ふと事務所の水道のことを思い出し、

「真夏のこの時期だし、水回りの掃除はしっかり

しないとなあ」とぼんやり考えたのです。

(その時は夏のど真ん中でした)

 

そしてそのまま、まだ開きっぱなしだった 通販サイトで、

関連商品を検索しました。 排水溝のぬめり取りとか、

ハイターとか、 そういった商品です。といっても、

その時間は わずか数分程度でした。

結局水回り用の備品は注文せず、

すぐに通販サイトは閉じました。 翌日、その通販サイトで

注文した事務用品が届きました。 中を開けてちょっとびっくり。

排水溝の掃除用の薬剤やハイターなど、

ほんの少し検索しただけの商品の チラシがちゃんと

入っていたのです。 通販サイト、しっかり情報収集してる…と、

感心してしまいました。

 

いつもは、注文履歴から過去に注文した備品を 探し、

再度注文するだけなので、新しい商品を 検索したり

閲覧したりすることがそれほどありません。

そのせいか、届く商品に広告が入っていることは

そんなにないのです。 日頃から色々と新しい商品を検索したり、

注文したりしている方にとっては 当たり前のことかもしれませんが、

決まったものを 繰り返し買うことが多い私にとっては、

へえ〜と思うような出来事でした。

 

みなさまはいかがでしょうか?通販サイトから

届く広告やメールには、お得な掘り出しものが

載っているかもしれませんね。

 

それでは、また。

| スタッフの独り言 | 13:54 | - | trackbacks(0) |
仕事用の筆記用具

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

梅雨に入り、蒸し暑くなりました。

気候や気温の変化に注意しつつ、

体調管理をしていきたいと思っています。

 

さて、今回は、仕事で使う筆記用具についてです。

仕事では色々な文房具を使います。仕事の内容にもよりますが、

特によく使うのは、 筆記用具ではないでしょうか。

私の場合、その中でも一番使うのは「ペン」です。

家で使うのであれば、どんなペンでもいいのですが、

仕事で使う場合は、なるべく 書き心地の良いペンを使いたいです。

私の場合、先が太いペンよりも細いペンの方が書きやすいです。

細い方が綺麗に書けるので。一時期、少し太めのペンを使っていた

ことがあり、 その時は書き辛かったです。

 

色々なペンを使ってみて、「このペンが自分に合っている」という

ものを見つけて おけば、それを使い続ければいいので楽(?)ですよね。

インクがなくなったら補充し、ペン自体が壊れてしまえば、

メーカーを覚えて おいて同じものを買うこともできます。

もちろん一番いいのは、どんな筆記用具でも綺麗にさらさらっと

字が書けること ですが…。

 

みなさまは、お気に入り(もしくはおすすめ)の筆記用具は

お持ちですか? 筆記用具に限らず、ノートや付箋なども、

「これが使いやすいな」と思うものを 見つけるように

していきたいです。

(実は先日、一番気に入っていたペンをなくしてしまい、

ちょっとショックです)

 

それでは、また。

| スタッフの独り言 | 07:24 | - | trackbacks(0) |
会計力検定や新発売の書籍のお知らせ

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

もう6月、衣替えの季節ですね。

冬の間はあれほど着込んでいた街の方々が、

だんだんと軽装になっていきます。

私が通っていた中学・高校の生徒たちも目にしますが、

制服移行期間らしく、 夏の制服と冬の制服が入り混じっています。

 

余談ですが私が通っていた高校、私が卒業してすぐ、

制服がちょっとおしゃれになったんです。 服やカバンの色が

少し変わったり、白しかダメだったソックスが黒もOKになったり、

白い運動靴だった通学靴が、黒茶色のオシャレなローファーになったり。

うわ〜いいな〜と思いながら横目で見ていました。

 

さて、今回は、8月25日(日)開催の、

NPO法人会計力検定実践のお知らせです。

これまで、入門・基本のレベルを開催していましたNPO法人会計力検定

ですが、このたび、新レベル「実践」が始まります。

入門・基本が初心者向けを対象とした内容だったのに対し、

実践は経験者向け を対象とした内容となっています。

実践の中でも、基礎に当たる「ベーシック」と、

応用に当たる「アドバンス」に 分かれています。 

 

また、NPO法人会計力検定テキストも、

従来の入門編・基本編に加えて、実践編が 発売になりました。

1冊では収まりきらず、上巻・下巻に分かれることになったほど

濃い内容です。

なお、実践の検定開始に合わせての発売となるテキストですが、

検定の学習用 という用途でなくても、実務の分からないことや

会計処理の方法などについて 知りたい時、学びたい時にもお使い

いただけます。

 

NPO法人の会計事務に関する内容が詰まった参考書だと

お考えいただければと思います。

詳細は、検定協会のHPから (お申込みは6月1日から!)

テキストは、当センターHPにて随時情報を掲載してまいります。

ぜひご確認をお願いいたします。 なんだか難しそう、

どうしようかな…と不安な方は、まずは入門・基本から

挑戦されるのがオススメですよ!

 

それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 12:22 | - | trackbacks(0) |
単純作業の罠

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

いよいよ4月です。 もうコートが要らない気温になり、

春の陽気という言葉がぴったりの温かい 日が続いていますね。

今回は、当センターでの仕事中に起きたちょっとした出来事です。

 

ある日、私は、チラシや情報物などの資料を、

配布先に郵送する準備をしていました。 その過程で、

資料を封筒に封入する作業がありました。

同じ作業を繰り返し、黙々と封入を進めるうちに、

積んであったチラシも徐々に 減ってきて、もう少し、

と思いながら手を動かしていました。

 

すると、唐突にシュッという音が。 え?と思った直後、

指先に痛みが走り、見ると血が出ていました。

どうやら紙で切ってしまったようです。

きっと注意力が途切れていたのでしょう。

幸い、絆創膏を持っていたので、それを巻いて

すぐに処置は完了しました。

今は年度初めという団体さまが多いと思います。

新年度のチラシやニュースレターを大量に郵送したり、

会計担当者さまの場合は、 決算作業のために会計資料を印刷したり、

紙を扱う機会が増えるのではないでしょうか。

 

特にメール便で情報物を大量発送する時は、資料を用意し、

1セット分を組み、 封入し…と同じ作業を何度も繰り返すことに

なります。 そのうち、つい集中が途切れてしまうこともあるか

と思います。 事故はそんな時に起こります。

最初は丁寧にやるのですが、慣れてきて要領が良くなってくると、

油断がちに なることもあります。 忙しい時は尚更です。

単調な作業を繰り返していると、他のことを考えてしまい、

余計に目の前のことに対する注意が鈍くなってしまいます。

 

みなさま、今は特に忙しく、考えることも多い時期だと思いますが、

単純作業の時も 気を抜かずに気を付けてくださいね。

たかが紙ですが、切れると結構痛いですよ! …と、

実際に痛い目にあった私が、自分の経験から言ってみました。

それではまた。

 

| スタッフの独り言 | 10:35 | - | trackbacks(0) |
文章を書くのは難しい

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

前回の記事でも話題にしました、

「通勤路にある綺麗な桜の木」がいよいよ咲き始めました。

別々の家に2本あるのですが、1本目は5分咲き、

もう1本は咲き始めといったところです。

通勤路の一部は住宅街なので花を植えてあるご自宅も多く、

花粉症の私は 悩みつつも横目で見ています。

これでも高校時代は茶華道部の副部長だったので、

花自体は好きなのです。 …花粉さえなえれば…。

 

さて、今回は文章の書き方についてです。

これは事務職に限ったことではないのですが、

お客様からのお問合せに返信したりご要望に応えたりで、

メールや手紙のやり取りが発生することは日常的にあります。

実は私、その文章を書くのがちょっと苦手です。

事務スタッフとして、それってどうなの?と

自分でも思うのですが。 問題点として、

 

・相手の聞きたいこと、言いたいことを理解できておらず、

 どこかずれた返信文を書いてしまう。

・こちらの説明を追加・補足しすぎて文章が多くなり、

 文章全体の構成もおかしくなっている。

・お礼や言い方がどこか淡泊だったり、断定的で

 きつく感じる表現を使ってしまう。

 

等々が挙げられます。

明確に文法の誤りがあることももちろんあるのですが、

・日本語としての書式は合っているのに何かが違う

・言葉遣いは正しいけれどどこかずれている

という、微妙な感じの「上手く行かない」なのです。

 

パソコンには、私の前任者の事務スタッフの文章も保存して

あるのですが、 これが上手いというか読みやすいのです。

相手の心を掴む文章がすらすらっと書いてあります。

前任者の方や、荻野さん村上さんの文章も参考にしつつ

書くのですが、なかなか上達しません。

無理やり「○○な活動をされているんですか!いいですね〜(^O^)」

という文章を入れると、何かおかしくなります。

普段、固い感じで文章を書いているので、

「程よい親しみを感じさせながらも丁寧な文章」を書くのが

苦手なのです。 その点、周囲にいらっしゃる先達の方々は

すごいなあと、ことあるごとに感心させられます。

 

私自身がせっかちで、

「自分が客の立場で問合せなどのメールをした時、

情報を少しずつ出しながら何回もやり取り されると、

いつまでやり取りを繰り返せばいいのかイライラしてしまう。

多少メールが長く なっていいから、最初に条件や要素を

簡潔に全部書いて、最小限のやり取りで済ませてほしい」 と

考える性格なので、無意識に自分が書く文章にも

それが出ているのかもしれません。

でも、それは私の個人的な感覚です。

ものの感じ方は人によって違います。

一気に情報を書かれると負担に思う方、

自分の意図が伝わっているのか不安になる方、

一つ一つ手順を踏みながら丁寧に説明してほしいと思う方、

色々いらっしゃいます。

 

こちらがお客さまに対応する側である時は、

当然お客さまに合わせた対応、お客さまの 側に立って考えた

回答をすることが必要です。 時にはゆっくり、時間をかけて

信頼関係を築いていくことも大切なんだなと、

他の方々の 文章を読んでいると考えさせられます。

 

特に当センターの場合、お客さまとは一時的な関わりではなく、

会計支援という業務を通じて 長く繋がりを持っていくわけですから、

最初の信頼関係の構築は大事だと思います。

そういうことも踏まえながら、接客ができるようになりたいなと

考えています。 それに、文書に限らず、口頭で質問をされた際も、

ズレた答えをしてしまい聞き直される こともあるので、

コミュニケーション力の問題もあるのか?とも思ったり。

私のコミュ力、お世辞にも高いとは言えませんので。

それに、早とちりをする上に確認を忘れてしまうこともあり、

何回か失敗しています。

 

実は今日もやらかして、頼んだ側の意図とは違う作業を

一生懸命やっていたりしました。 少しの確認で防げるミスなので、

気を付けたいです。

何だか自分の短所を延々と書く内容になってしまいました。

このブログは私の反省場所ではないので明るい話題にしたいと思います。

まず、自分のレベルアップのためにも、セミナーがあったら

受講してみたいですね。 コミュニケーション講座とか、

相手のツボを押さえる会話術講座とか、開催されてそうに思いますが。

今度探してみようと思っています。 以前にはチラシ作り講座や

他団体の見学に行ったりして、勉強になる時間を過ごすことが できました。

これから数か月は、当センター一番の繁忙期(何しろ決算作業が始まるので)

なので、私も事務所番に専念しがちになるかと思いますが、

落ち着いた時期にまた行ってみたいです。

 

余談ですが、当センター事務所の近くに図書館があります。

ビジネス文章の書き方、焦りやすい人の心得、といった類の

参考書があれば、借りてみようかと考えています。

大学では心理学専攻だったのですが、慌てがちな人のための本とか、

結構あるのです。 後はもう、実地で経験を積んでいくしかないですね。

まず落ち着いて、確認するのを忘れない。 自分の短所を自覚し、

改善するように努力・工夫する。 基本的ですが、大切なことです。

 

今回は少しダラダラと書いてしまいました。

文章を書くこと自体は苦ではないのですが、仕事用の文書となると

また違うんだなあと 実感じているこの頃です。

このブログも、単なるスタッフの記録ではなく、文章を書く練習の場としても

活用していきたいですね。 ちょっとまとまりのない文章になってしまい、

すみません。 それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 13:12 | - | trackbacks(0) |