NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


ボンボヤージュ!

当センターの花形営業ウーマン、紙徳さん。

もちろん少数精鋭(?)の職場だから、営業専念ではなく事務全般、

何でもこなす有能かつ頼りがいある人で筆者も随分お世話になりました。

残念ながら体調不良、ドクターストップで退職が決まり、

事務所は引継ぎでバタバタの10月末でした。

 

新スタッフは新庄さん。

数社の転職を経て、会計実務などの事務経験が豊富な女性です。

今後、実践の中で習得された会計現場の知恵など、

いろんなことを教えていただけることが楽しみです。

そういう意味では、紙徳さんは営業畑を歩いてきた人で、

会計に関わったのは当センターに入ってからでした。

簿記は入社後に学習し、日商簿記検定3級に3回チャレンジして

合格したゆっくり組です。

日ごろ現金残高が合わないので苦労した末、「金庫内に小人がいる」と

信じるに至った(ブログ「新米スタッフの独り言」2015.12.26)そうです。

だからこそ、会計で悩み戸惑う担当者各位の気持や苦渋が理解でき、

親しみや信頼を寄せていただけたのだと思います。

 

その彼女がいなくなれば、当然困ることも少なくありません。

新庄さんは、業務の引継ぎは受けたものの、「NPOって?」

「ee会計の特長は?」など、全てが初歩からのスタートです。

おまけにNPO法人会計検定の準備も始まり、

新人には悲鳴を上げたいほどの広い間口かと思われます。

しばらく不慣れな間、お取引いただいている皆さまにご不便を

おかけすることがあるかも知れませんが、事情ご賢察いただき、

温かい目で見ていただければ幸いです。

 

紙徳さんにとって当面は治療に専念しつつ、

快復後の新たな航路への再スタートを期す充電期間かと思われます。

めざましい飛翔の日が一日も早くやってくることを願って、ボンボヤージュ!  

 

| 会計あるあるブログ | 13:14 | - | trackbacks(0) |
気づかせてくれる言葉

全国NPO会計担当者ネットワークというNPO法人があります。

当センターの荻野代表が中心になって設立した、

会計担当者の情報交換や連携に取り組む団体です。

その第8回通常総会が先日開催され、賛助会員の筆者も、

懇親会込みで6時間を超える長丁場の会合に参加しました。

 

今回の目玉は何と言っても

東京・八王子の土居幸仁さん(NPO法人CES事務局長、

NPO法人八王子ワークセンター代表)の講座です。

公的な自立支援の仕組みが希薄な時代、ご本人が学生だった当時から

30年以上もの間、障がい者支援に関わって来られた方で、

さりげなく話される言葉の一片一片に、経験とご苦労に裏打ちされた

珠玉のような重みと輝きを感じました。

 

講話の全編に障がい者への温かい視線が感じられ、誌上再現したいような

貴重なお話ばかりでしたが、特に印象的だったのは、

2つの言葉の対比による気づきでした。

 

「みんな同じでみんないい/みんなちがってみんないい」

「迷惑をかけない/迷惑をかけあう」

「できる/できない」

「まちがえない力/まちがえる力」

「自立すること/依存すること」

「自分のため/他人のため」

 

減点法でなく加点法で行こう!できないことはダメじゃなく、

それも良しでは?

依存を否定せず、依存先をふやすことが自立への道だよetc.・・・

 

並べることで大切なことが見えてくる気がします。  

 

私たちは、なんと「べき論」で生きてきたことか。

自分の価値観や行動に枠を設け、そこからはみ出してはいけないという

固定観念に囚われてきたことか。しみじみ考えさせられたのでした。

 

会計しっかり派、認定法人も目指す法人ということでの招聘なのに、

その話題をスルーしてすみません。でも、本来活動のお話も魅力的で、

今回は「会計以外もあるあるブログ」になりました。

 

| 会計あるあるブログ | 10:31 | - | trackbacks(0) |
いよいよベールを脱ぎました!

いよいよベールを脱ぎました!というほど大げさなものでは

ありません。でも、まだ生まれたての弱小な検定、

ちょっと注目してやってほしいです。

 

そうです!

当ブログで予告していた「NPO法人会計力検定」のことです。

その詳細が公開されました。当ホームページ表紙から

NPO法人会計力検定のサイトへ飛ぶことができます。

 

「のじぎく」の花の絵があるアイコン、ぜひクリックしてみてください。

受験する、しないにかかわらず、会計に関わる人なら

「ヘェー、こんな検定があるんだ!」と、きっと目からウロコです。

 

ところで、ロゴに描かれたシンボルフラワー「のじぎく」。

兵庫県の県花です。でも、なぜこの検定に?と思った人もあるのでは?

県内の一角、宝塚市で誕生した検定。兵庫から全国へという気持ちを込めました。

でも、もっと大きな理由は花言葉です。

「のじぎく」の花言葉、それは「真実」です。

 

NPO法人会計基準は、一般原則として

「NPO法人の財務諸表等は、NPO法人の真実の実態を表示し・・・・」と

定めています。企業会計の一般原則でも、「真実性」を

まず第一に掲げています。つまり「真実」は、会計が最重要視する大原則なのです。

 

NPO法人の情報公開の透明性は、「真実」に基づく会計からしか生まれません。

原則を大切にしながら、研鑚と実践を重ね、みんなで会計力をつけて行きたい。

この検定に託する大きな願いです。 名称に「(NPO)法人」の語は必須やね、

「会計実践力」とする方がいいかなーetc.いろんな議論をしました。

英訳名称NPO Accounting Testが決まるまで、喧々諤々でした。

ましてやテキスト作成の経緯、苦労話を語り出したらきりがありません。

 

ともかく多くの人の使命感、そして汗と根気により、いよいよスタートです。

どうぞいい船出になりますようにと、手を合わせて祈る思いです。

 

| 会計あるあるブログ | 11:54 | - | trackbacks(0) |
いいかげんな講座?

前々回の当ブログで報告した「会計レベルアップ講座」。

先日、最終の4回目が終わりました。

連続ものだけに、全編がつながりを持つ内容設計、

ストーリー性のある資料準備、飽きが来ない講義の工夫など、

それなりの気苦労があり、終了時には「やれやれ」と

解放感を覚えました。

 

でも、実は今回のシリーズ、意外に疲れませんでした。

回を重ね受講の皆さんと顔見知りになれたこと、

その皆さんが前向きの方ばかりだったことなどにより、

気持よく講義できたのが大きな要因です。

炎暑の中のご参加なのに、皆さん意気軒昂で質問も積極的でした。

 

買っていただけるかも?と念のため持参した会計日誌(特製の現金出納帳)

完売、参考書「わかるできるNPO法人会計」は持参分だけでは足りず、

後から送付してと申込まれた方も数人いらっしゃいました。

 

そうした受講の皆さんの本気度に元気づけられたことに加え、

筆者自身が「いいかげん」に講義をするよう努めたことも、

疲れが少なかった原因だと思います。

いえ、決して無責任に「ええかげん」な講義をしたのではありません。

 

筆者がめざした「いいかげん」は、

程の良いという意味での「良い加減」です。

ものごとは「過ぎたるは及ばざるが如し」と言います。

「ほどほどに」がいいですね。

講座講師では度々の失敗をしてきました。

 

多くは山盛りの準備をしたことによる失敗です。

受講者にできるだけトクをしてもらえるよう、

あれもこれも情報提供しようと張り切っても、

時間内に説明しきれず消化不良になってしまいます。

大体、張り切った時が失敗する時だったような気がします。

 

肩の力を抜いた「いいかげん」さのサジ加減、

忘れずに日々の行動に生かして行きたいものです。

 

| 会計あるあるブログ | 11:16 | - | trackbacks(0) |
ちょっと変わった検定ですが・・・・

前回の「究極の支援策」を読んで、自称愛読者の友人が

早速電話をくれました。いわく、「ちょっとオーバーちゃーぅん?」。

言われてみればそうかも?と思いつつ、「でもな」とルル説明しました。

 

NPO法人の会計担当者は、活動に共鳴して参画したものの、

会計力がある人ばかりではありません。知識や手法を理解せずに

何とかなる世界ではなく、一定レベルの処理能力を要します。

ではその実践力と自信をつけるためにどうするか?

 

荻野代表が会計担当者の支援事業を10数年続ける中で

考え続けて到達したのが、検定という手法です。

それも、単なるテストによる資格認定が目的ではなく、

実務密着のテキストを作り、その解説講座も行った上での検定です。

筆者もテキストの一部、僅かばかりの原稿を担当しましたが、

最初はダメ出しを食らいました。

荻野代表の目指すものと視点が全く違ったのです。

「それじゃ検定本じゃなくマニュアルじゃないですか!」と

思わず言いたくなる食い違いようでした。

 

でもあっさりと、

「そうですよ、実務でみんなが困っていることを書くのです」と

言われてみて、「なーるほど」とやっと理解できたのでした。

いわゆる「検定本」ではなく、狙いは「講座も検定もある実務教本」

だったのです。

多数の法人に個別支援は無理。でも現状のまま放っておけない。

ではどうする?と悩んだ末に行き着いたのがこの「究極の支援策」なのです。

○級などの等級はなく、「入門」「基本1」「基本2」など、

のテキスト名がそのまま検定の種別を表すなど、少々変わった「検定」と言えます。

 

でも、この風変わりな検定が世に広まり、悩める会計担当者への

福音なれかしと切に祈る公開前夜の今日この頃です。  

 

| 会計あるあるブログ | 10:50 | - | trackbacks(0) |
究極の支援策

「会計は専門でなく、実務で会計を担当したこともありません。」

筆者が講座などで話す自己紹介のさわりです。

「横道から会計に入ったので、迷える人の気持ち、分るなー」と

言いたいのです。  

 

会計力の素地は、企業人時代、自部門の損益管理や監査部門経験の中で

養えたと思います。でも一番力がついたのは、NPOで多くの運営相談を

こなしたおかげと思っています。

 

会計の課題に、相談者と共に迷い悩みつつ、知識と自信が増したことを

実感しています。「質問を受けることが、自分のステップアップへの近道」

振返ってみれば、そんなことが言えるかも知れません。

昔の自分なら「現金出納帳の書き方」講座があるなんて考えられないことでした。

「そんなの簡単、誰でもできる」と思い込んでいたからです。

上滑りで何もわかっていませんでした。

 

でも今は大丈夫、現金出納帳が会計現場では何よりも大切で、

しかもなかなか一筋縄ではいかない代物だと知っています。

例えば現金残高がマイナス!あり得ないことが起こる不思議。

「間違っています」の指摘は簡単です。

再発しないためにどうすればいいか?それが私たちのチャレンジなのです。

 

会計だけに専念できる環境でなく、教えてもらえる人も身近にいない。

でも、決算の公表が義務。思えばなかなかハードなことを、

皆さんやっていらっしゃる。だからこそ、支援に熱が入ります。

 

当センターの荻野代表など、熱が入りすぎて、「NPO法人会計検定」を

始めると宣言しています。詳しくは追ってHPトップページ(現在工事中)で

お知らせしますが、とにかく会計担当者の実務力向上のために

どうすればいいかを考え続けた結果の「究極の支援策」です。

 

現場密着の、中身の濃いテキストも近々デビューします。

真に受検者思いの新しいタイプの検定、乞うご期待です。

 

| 会計あるあるブログ | 18:00 | - | trackbacks(0) |
「身体で覚える」にはほど遠いけど・・・

7月から9月まで、神戸市の兵庫県民会館で全4回の

「NPO法人会計レベルアップ講座」が開催されています。

筆者がつたない講師を務めていますが、なんと予定の2倍、

50人以上もの参加申込みがあり、

主催団体(NPO法人市民活動センター神戸)では、

てんやわんやだったようです。

 

6月には姫路市で開催された同趣旨の講座に呼んでいただき、

やはり参加者が意外に多いのが印象的でした。

中身はいずれも初心者向きの内容で、決して目新しいことは何もありません。

それだけに、NPO会計のこうした講座に対するニーズが根強くあることを

再認識したのでした。

 

仕事の上達にはOJT(仕事の中で実地に育成)が良いものの、

それが難しいのでOFF JT(仕事を一時的に離れて育成)としての

外部講座に参加される団体も少なくありません。

そういう意味で、この4回シリーズではできるだけ演習を取り入れ、

体験的に理解していただこうとしています。

 

そんな折も折、先日出席した会議である税理士さんからお聞きしました。

「私たちは身体で簿記を覚えたものよ。」無数の練習問題を解いたからこそ、

力が身についたのだそうです。筆者はそれほど練習しなかったから、

そういう頑張り屋さんは尊敬してしまいます。

スポーツでも芸術でも、仕事でも同じですよね。

たくさん練習すれば上手になるし、なによりも自信が身につくものです。

 

冒頭の4回シリーズ、先日の2回目では現金出納帳の書き方を練習しました。

次回は総勘定元帳〜試算表を体験し、最終、財務諸表に至ります。

時間がない中、できるだけOJTに近づけたいと知恵を絞りながら、

炎暑の中を熱心に学んでいただく皆さんのお役に立ちたいと願っています。

 

| 会計あるあるブログ | 22:58 | - | trackbacks(0) |
「預り金」がない?

訪問相談でお邪魔した団体での話題です。

給与計算がおかしいと思い、細部を確認しました。

結果、この団体の帳簿上の給料は差引支給額でした。

一方、個人の社会保険料や所得税などは

給料からの「預り金」で処理せず法人の費用として納付されています。

 

つまり、法人の給料支払額が減り、その減額相当分が

社会保険料や所得税などの科目で計上されているのです。

法人としては費用をケチったわけではないし、事務の簡素化に

つながっているのかも知れません。

 

でも、社会保険料は法人が負担すべき額の2倍になり、

租税公課が変に膨れ上がるなど、誤りであることは明白です。

ただ、個別の給料計算は正しく行われており、

給料明細書や源泉徴収票には何ら問題がないのが救いです。

いわば器用な間違い方(?)ですが、実はこの種の間違いは

特殊な例ではなく、似たケースに遭遇することがたまにあります。

 

給料受給者からクレームがつかないし、団体の費用総額も

結果オーライなので、気付かないまま続く間違いなのでしょう。

一方、例えば

「講師謝金を支払ったけど、面倒だから税金はノータッチ」とか、

「税金は講師本人が確定申告すればいいのでしょ」

などとおっしゃる天真爛漫(?)な方もいらっしゃいます。

 

このことも前述の例と同様、「預り金」の問題です。

「預かる」という処理は少し難しいことなのかも知れません。

でも、難しいからといって、自己流の処理をしていては、

法人の会計データが信頼できないものになってしまいます。

それに、なにより源泉徴収義務に対する法違反になりますよね。

 

「預り金」は、決算書の貸借対照表の負債の部に属します。

貸借対照表に「預り金」がない団体の方、大丈夫かどうか、

ちょっと確認してみてはいかがですか?

 

| 会計あるあるブログ | 21:59 | - | trackbacks(0) |
「あるある賞」にノミネート?

前回登場された質問者さんとは、講座後の帰途の路上で

偶然またお会いしました。立ち話しながらアドバイスの続きを

したのですが、話の中で驚いた話題がありました。

 

前任者からの引継時、「(勘定科目は面倒だから)分からなければ

みんな消耗品でいいよ」と言われたそうです。

引継ぐ側はなんといっても初心者、素直さ満載で、

「そういうものなんだ」と思い込んでいたとのこと。

 

「だめだめ」と科目分けの目的を話しながら、似たような団体は

他にもあるあると思いました。消耗品よりむしろ雑費のケースが

多いでしょうけど、活動計算書のそうした科目が、ばかでかい団体、

勘定科目数が異常に少ない団体など、面倒ゆえの大ざっぱな事務処理を

推測してしまいます。 固定資産を費用で処理したり、何でも雑費になったり

したら、そのデータは信用するに足りません。勘定科目をいいかげんに

割り振るなどは、会計業務の信頼性を自ら崩すものです。

 

収益にしろ費用にしろ、科目毎の合計額や全体に占める比率、

経年変化、予算額との対比などは、団体の方針・計画策定のための

重要なデータです。それよりも何よりも、公表した決算書が真実でないことは、

市民の信頼を裏切ることになります。会計担当者が、データを曖昧または

ずさんに処理することがいかに間違っているか、立ち話し相手の

初心者さんにはぜひ理解してほしいことでした。

 

最近、当センター内では、雑談の中でよく「あるある」の語が

飛び交います。「よくあるけど、なおさなくちゃね」という思いを込めて

言う場合が多いように思います。年間の「あるある」賞を設けるとしたら、

上記のケースなどは真っ先に受賞候補?という、典型的「あるある」ネタでした。

 

| 会計あるあるブログ | 08:23 | - | trackbacks(0) |
簿記は必要ですか?

過日の講座で、受講者さんから

上記の表題のような質問を受けました。

 

「会計担当者が辞めたので、突然その役割が

自分に回って来た。会計は初めてで困っている」そうです。

 

NPO法人会計基準では複式簿記が採用されています。

だから、前述の質問への回答は本来簡単なことです。

そもそもNPO法人制度は、お役所よりも市民の目による

監督を重視し、そのための情報公開を前提とします。

決算書を所轄庁に出すのは市民に公開するためであり、

信頼される会計データ作成のために複式簿記が採用されたのです。

つまり、答えは「もちろん必要」です。

 

でも、いろんな法人さんの実情を考えると何とも答え辛い気がします。

「複式簿記の知識が必須」と言えば、困惑されるだろうNPO法人さんが

少なくないはずです。「簿記を知らない会計担当者は珍しくない」のが、

NPO界の常識と言えるかも知れません。

 

「お金の出入りが少なく、現金出納帳だけで大丈夫」

「ソフト入力だけで決算書までたどり着ける」など、

簿記を知らなくても何とかなっている実態があります。

そして、それでもいいのだと思います。

要は日々の正しい事務処理の結果として正しい決算がなされること、

それが絶対条件(must)です。とすれば、「簿記の知識」は

必要条件(should)と言ってもいいのではないでしょうか。

 

簿記上級者が必ずしも会計事務に堪能ということではありません。

でも、簿記の知識を身につければ日常の実務に自信が増すでしょうし、

スキルの広がり、深まりも期待できます。ボチボチでいいから基本的な学習に

取り組んで行くことができれば、それがベストだと思います。

 

| 会計あるあるブログ | 09:18 | - | trackbacks(0) |

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE