NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


我が家の「災」 (1)

今年の漢字は「災」でした。

確かに各地で自然災害が続いた年でした。

そして我が家では、自然系の災害だけでなく、

人間系の災いも飛び込んできました。

「会計あるある」話ではありませんが、

皆さまの参考にしていただくため、

恥を忍んで今どきの「世間にあるある」話を報告します。

 

古くなったストーブを買い替えようとネットで探したのが、

ことの始まりでした。“我が家の大蔵省”の要求は、

「同タイプの、できるだけ安価なものを」とシビアです。

(ところで、以前は“我が家の大蔵省”と言えば、

家の中で財布のひもを握っている奥さんのことと、

ふつうに分かる言葉でした。

今は、“我が家の財務省”と言うのでしょうか。

昔人間には、ちょっと違和感がありますが・・・。)

 

とにかく“大蔵省”の要望に応えようと、

通販の情報をあちこち覗きました。

そしてやがて見つけたのです。

大阪ガスの商品パンフで定価5万8千円のガスストーブが、

なんと2万7千円!前払いですが、超お買い得です。

販売しているショップ名は、楽天市場かアマゾンを

検索した中で見かけたような記憶がありました。

直接注文は割引率が大きいのだと思い、

すぐに発注入力をしました。 

返信メールが届き、代金の振込口座が記載されています。

通常、通販はクレジットカードからの引落しにしていたので、

振込は面倒でしたが、割引が大きいからまあいいかと

妥協しました。

ホームページにクレジットカード払いが記載されているのに

変だなという思いが、ちらっと頭をかすめたものの、

安価さに心を奪われて正常な判断力や慎重さを欠き、

すぐに振込み手続きをしました。

詐欺師の術中にはまった意識は皆無でした。 

 

ドジな結末は次回です。どうぞお楽しみに。

 

| 会計あるあるブログ | 10:26 | - | trackbacks(0) |
続・NPO会計カルタ

前回に引き続きカルタの紹介です。

「あいうえお・・・」50音と言いますが、

旧字などを除くと、実際は44句。

どれも捨てがたい味がありますが、前回同様、

筆者が気になった句を拾ってみます。

 

「そ」は、「総会で通った決算、変えられない」。

これは重要な句です。いったん決定した決算に

誤りがあった場合、簡単に訂正できません。

総会承認の重みがあり、事務的に変更することでは

ないのです。総会を再度開いて再審議するか、

次年度に「過年度修正」として誤りを正しましょう。

 

「た」は、「貸借合った!笑顔が美しい」。

簿記は、貸方と借方の合計が合うのが当然。

でも合わないことも少なくない。

誰もが美しい笑顔になれる、合った時の嬉しい瞬間。

カメラアイを感じます。

 

「は」は、「発生主義、未収未払忘れずに」。

ご存じのとおり、NPO法人会計基準は

「複式簿記、発生主義会計」を採用しています。

お金が出入りした日付よりも、出入りする原因が

いつ発生したかに着目した、期をまたぐ会計処理です。

「現金主義」との違いを正しく理解しましょう。

 

「ま」は、「まあいいか、思う心にすきがある」。

性格的に隙だらけの筆者などには、ドキッとする句です。

突然思い出したことわざが「四角な座敷を丸く掃く」。

会計に「まあいいか」は禁物ですね。

 

最後の「わ」は、「わいわいと楽しくやれた会計が」

会計担当者は、ふつう孤独がちで、「わいわい」は夢かも。

でも、理解者や仲間を増やして、「楽しく」やれる会計を

ぜひ目ざしたいものですね。

 

もっと見たい方のために、

全句が載っているブログを見つけました。

名古屋の税理士・中尾さゆりさんの

「NPO会計・税務リクツとコツ」

他に参考になる記事も多く、ぜひ覗いてみてください。

 

| 会計あるあるブログ | 15:11 | - | trackbacks(0) |
NPO会計カルタ

先日、NPO法人会計基準協議会近畿ブロックの

会議に参加しました。会計基準の改正ポイントが

主要なテーマでしたが、楽しい話題もありました。

 

本部から駆けつけた事務局長の横田能洋さん

(茨城NPOセンター・コモンズ代表理事)が、

「NPO会計カルタ」を披露されたのです。

なんでも、東海・北陸ブロック会議に参加した皆さんが、

カルタの標語を川柳調で作ったとのこと。

NPOや会計への思い、会計担当者の心情など

うまく表現されている句ばかりで、感心しました。

 

これはいい!と、筆者が最初に目をとめたのは「え」の句。

「NPO、円はなくても縁がある」。

人の縁、人の輪こそ活動の原点という、ほのぼのとした

人情味ある温かさに惹かれました。

 

「お」は、「追い風が終わって本物NPO」。NPO法人数は増え続け、

最盛期(2002〜2004年)には年に5,000法人以上増加したものです。

しかし、設立数は次第に減り、ついに今年度、絶対数が

減少方向に転じています。8月末で51,745法人、

前年度末比△126法人。

これからがNPOの真価を発揮すべき本番!という

覚悟と決意を感じ、筆者の思いを代弁してもらった気になった句です。

 

作者が「会計基準」に関わる皆さんだから、

会計に関する警句は沢山見られます。

「け」は、「決算日、現金残高数えてね」。

本来は、現金が動いた当日に帳簿と現金銭高を

照合することが望まれますが、少なくとも決算日は

金種表を作り残高を記録に残すことが必要ですね。

 

「す」は、「出納帳、お金は現金動いた日」。

記帳は領収書日付じゃないですよ、金庫から

お金が動いた日付ですよと呼びかけてくれています。

 

会計の鉄則を再確認する、大切な句ですね。

紹介したい句は、まだまだたくさんあります。

続きは次回ということで、お楽しみに。

 

| 会計あるあるブログ | 10:14 | - | trackbacks(0) |
ドライバーと交通ルール

今月後半、神戸市で開催される

「NPO法人会計レベルアップ講座」の講師を担当します。

週1回、3週連続なのでボリュームはありますが、

6月に行なったと同じ内容なので気は楽です。

「それにしても」と中身を見直していますが、

まずパワーポイント画面の1ページ目を微修正しました。

 

Q.「正しい会計」の実現に最も大切なものは何でしょう? 

A.「簿記の基本知識」と「日々のデータの丁寧な処理」です。

前回は「データ処理」が先だったのを、「簿記」を先にしたと

いうささやかな変更です。筆者の単なる思いの披瀝に過ぎませんが、

最近になって思いが変わったのです。

 

「NPO法人会計力検定」のテキスト作成に関わる中で、

簿記の大切さを改めて思う経緯があったからです。

次回発刊されるテキスト原稿のたたき台が順次出来上がりつつあり、

それを関係者でたたき合うミーティングが繰返し行われています。

テキストは、世間常識的ないわゆる「検定本」でなく、

会計現場で日々ご苦労されている担当者の方の「実務」に焦点を当てた、

いわばマニュアル的な視点で構成されています。

日常の事務処理の助っ人になり得る本を作成しているのです。

 

少しでも良いテキストをと熱い議論が展開され、

筆者も参加させてもらう中で、多くを学ばせてもらっています。

とりわけ簿記のページを担当する、Iさんの簿記に関する造詣の

深さに感心しつつ、改めて会計事務で簿記知識の重要性を再確認しています。

そして思いついたのは、お金の出入りをいかに迅速かつ丁寧に

記帳や入力をしても、簿記の知識が希薄では正確な財務諸表に

行き着くかどうか?です。

いわば「ドライバーは、交通ルールを知って車に乗りましょう」と

いうことだろうなーと、微修正の意味を自分なりに納得しています。

 

| 会計あるあるブログ | 11:22 | - | trackbacks(0) |
前任者の方法はベスト?

過日、AさんからB法人の事務局の

気になる話題を耳にしたので、誌上採録します。

 

B法人では、会計伝票と伝票起票後に入力する

会計ソフトの勘定科目が一致していないんだそうです。

伝票は科目を○印で選択する方式で、

ソフトと科目が違っているまま使っているとか。

 

また、エクセルのフォーマットに数字を入力する際、

担当者はセンタリング(中央揃え)すると聞き、

つい吹き出しそうになりました。

「数字は右詰め」ではない帳簿、一度見てみたいものです。

 

おや?と思う話は他にもあります。

現金と預金、両方の入出金を、なんと同一のシートに

記録しているのも、その一つ。さすが、現金を記載するスペースと

預金のスペースの間に数行の間隔を空けて区分しているそうですが、

でもミスに直結しそうな危なっかしい記帳方法ですね。

 

Aさんは、次のようなことも気になったそうです。

●書類を印刷する際、余白の幅の広さが、

 用紙の左側はギリギリ、右側はがら空き!

●帳簿の行間が狭くて文字が読み辛い。

 でも、ページ下部は、余白スペースがだだっ広い。

●数字の入力を、キーボードでポツリポツリ。

 どうしてテンキーを使わないんだろう?

 

こうした状況を見て、Aさんは尋ねました。

「なぜそんなやり方なの?」

担当者の方の答えは簡単明瞭です。

「前任者がやってたとおりよ」

引継いだ当初、前任者の教えに従うことは大切です。

でも、効率UP、ミス防止など、自分の視点、

問題意識も大切にしたいものです。

そのための改善・工夫は楽しくてやりがいがあります。

一人では難しかったり視野が狭くなるかも知れませんが、

やり辛いことなどをオープンにし、職場の皆さんの協力を得ながら

ご一緒に取組まれることをお勧めします。 

 

| 会計あるあるブログ | 09:48 | - | trackbacks(0) |
天災時の休業ルールは?

夏場の集中豪雨や大地震に続いて、

立て続けに襲来する台風。

日本列島は、さながら災害列島!?

「天災は忘れた頃にやってくる」と言ったものですが、

今は昔のことわざですね。

台風21号では阪神間の被害が大きく、筆者の近所でも

海辺の高潮と川の氾濫で町の一角が水没。

友人は車とバイクを廃車、エアコン室外機は

浸水45cmなら補償されたのに何と43cmと判定され、

買い替えたと嘆いていました。

でも、こんな被害は可愛いレベルと言うべきかも知れません。

各地ではひどい被害が続発しており、もういいかげんに

おさまってほしいと願うのみです。

 

大型台風時には、臨時休業された団体もあると思います。

全日の休業ではなく、状況を見ながらの半日休業もあった

ことでしょう。そして、その勤務取扱いについて、

事後に悩まれたケースもおありなのでは?

労基法が絡むだけに、きちんとした整理が必要です。

 

「在宅勤務」として扱い100%補償や、

労基法の「休業命令」を適用し60%補償などあることでしょう。

ただ法的には、不可抗力の天災による臨時休業は

使用者側に責がないため、給料補償の義務はありません。

「自宅待機」として給料を支給したケースもあるかと思いますが、

業務上の指示ができない状態なので給料不支給でも合法です。

何の補償もなく単に休業とした団体、有給休暇や振替休日の利用とし、

それが使えない人を欠勤扱いとした団体もあったことでしょう。

 

この場合、有給休暇の使用を強制することは法に抵触するので、

要注意です。 いずれにしろ、法内であることを前提に、

取り扱いは各団体に任されています。

内部で納得度の高いルールを定め、手続等を明確にして、

みんなで共有することが大切だと思います。

| 会計あるあるブログ | 15:12 | - | trackbacks(0) |
川柳けっこう面白い

当ブログを読んでくれている友人から一報がありました。

「『経理あるある川柳』ってウェブサイトを見つけたよ」

で、さっそくネット検索しました。

螢薀スさんの「経理プラス」というサイトです。

なるほど面白い川柳が並んでいるので、転載させていただきます。

なお、カッコ内は作者名です。

 

まず目についた句は、「冷汗で、会計監査待っている」(ゆ太郎)

過日の当センター松岡スタッフの姿を彷彿とさせる句です。

彼女は全国NPO会計担当者ネットワーク(略称JNAN)の

会計を兼任、監事のN税理士の監査を受けたのです。

初体験なので前日から極度に緊張、見ていて気の毒なほどでした。

終了後の「問題なし」の声ににっこり、「冷汗」もすぐさま

吹き飛んだようでした。

 

次に面白いと思ったのは、「1円差、原因探し1時間」(すーじー)

退職した前事務スタッフの紙徳さんによる「金庫の小人」説を

思い出します。筆者なら1時間探すよりも、「現金過不足」で

処理したいところですが、作者はきまじめなお人柄、

納得いくまで調べたいご様子のようです。

 

次は、仕事への誇りに関わる句が2つ。

「華はない、だけど仕事に誇りある」(日輪草)

「地味に見え大事な仕事、誇り持ち」(自分に合ってる?)

素晴らしいですね、この気構え。

こうした気持ちでの取り組みを尊敬しますし、

きっと周囲の皆さんからもそう思われていらっしゃるお2人でしょう。

 

次は、ちょっとせつない句です。

「合わなくて会えなくなった、締めの夜」(ゾロ目)

若い会計担当者には、そんな辛い日もあることでしょう。

「でも大丈夫。そのキャンセルは、あなたの価値をさらに

高めるキャンセルですよ」と、老婆心ながら言ってあげたい

気がした句でした。

 

盛り沢山の句が載っています。

よろしければページを開き、気に入った句を見つけてください。

 

| 会計あるあるブログ | 23:57 | - | trackbacks(0) |
防災の備えをしっかりと

前回、「茶寿とは何歳でしょう?」のクイズ、

直ちにお分かりの方、いらっしゃいましたか?

実は筆者は、ネットでこの言葉を知りました。

「茶の字の草かんむりは「十十」、つまり10が2つ並んで20。

下の部分は「八十八」の縦書きなので、

草かんむりの20と足して108歳」だそうです。

余談の連続になり、それも私事で恐縮ですが、

先週筆者の母が亡くなり、知人から白寿でしたねと言われました。

「百の字から一を取ったら白になるので、

100歳に1つ足らない99歳を白寿と言う」とのことです。

母は満年齢98歳でしたが、こうした長寿祝い名称は数え年で

言うらしいですね。そうか、白寿のお祝いをしてあげれば

よかったなーと、無知の哀しさを今さら嘆いています。

 

母の逝去に伴う諸々のことが台風20号と21号の狭間で

終わって有難かったですが、21号の近畿圏に残した爪痕は

大きかったですね。そして息を継ぐ間もなく、北海道の大地震!

遠い地域ではあるものの、身近な話題になりました。

認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワークの公開講座

が札幌で予定されていたのです。

いわく、「NPOの発展と信頼性向上に貢献する会計・税務の

総合アドバイザーの育成を目的として、税理士・会計士のために行う

2日間の実務家研修」。やむを得ない事態とはいえ、こうした研修が

中止になってしまうのは、本当に残念なことでした。

 

我が荻野代表は同法人の理事であり、当然参加予定でしたが、

前泊で行かなかったのが正解でした。結果的に事務所での内勤になり、

日頃の時間不足の解消に役立ちました。

でも、被災地の被害の深刻さを思うと、胸が痛みます。

日本列島、どうなったのかなと思うぐらいに災害が頻発する昨今、

お互いに日ごろの備えをしっかりして、

いざという時に慌てないようにしたいものです。

| 会計あるあるブログ | 09:05 | - | trackbacks(0) |
クイズでいっぷく、お茶にしません?

ある日の電話です。

「総会でお茶を出しました。管理費ですか?事業費ですか?」

歳だなーと自覚しました。脳裏に浮かんだのは、お茶を沸かして

湯呑に注いで・・・というお茶出し風景です。

会議のお茶は、それがふつうだった我が世代、

「昭和は遠くなりにけり」でしょうか。

 

でも、すぐにペットボトルだ!と理解し、

こちらから逆にお尋ねしました。「従来どうしてました?」

「管理費ですよ」と答えるのは簡単ですが、毎年やってる総会、

真に言いたかったのは「前回を調べましたか?」でした。

会計は継続性が大切。前回と同じことをしてるのに、

仕訳が異なれば困ります。「前回を踏襲する」が基本スタンス。

 

「従来が間違ってた?」なら、聞いていただけば・・・。  

返ってきた答えは、「前年お茶代はかかっていないと思う。

理事会はいつも管理費」だそうです。 そうか、総会は人数が多いから、

従来はやっぱり「お茶の葉」だったのかも知れないなー。

そう思いながら説明しました。

「ご存知のとおり、事業費は事業実施に直接要する費用、

管理費は法人組織の運営等に要する費用。総会も理事会と同様、

開催運営費はまさに管理費ですね」と。  

 

ところで「お茶」の語、日本人になじみが深いだけに、

いろんな使い方をされますが、「?」と思うことが多いですね。

「ばかにする」を意味する「茶にする」をはじめ、

茶番、無茶、茶化す、茶々を入れる、お茶をにごす等々。

なぜこんな使われ方が多いのでしょう。でも、いい言葉もあります。

茶寿ってご存知ですか?米寿、喜寿などと同様、おめでたい長寿を

表す言葉です。お茶を飲めば長寿になる話ではなく、

字を分解すれば、なるほどです。

 

さてクイズ、茶寿とは何歳のことでしょう?

 

| 会計あるあるブログ | 14:56 | - | trackbacks(0) |
仏さまたちの時間感覚

お盆ですね。人々の仏教への関心は薄れても、

国民的行事とも言うべきお盆は廃れずに続くことを、

どこか面白く感じている筆者です。

ともあれ、お盆休みになり、気持の上で

ゆっくりされている方も少なくないと思います。

 

おたがい時間に追われがちな現代人の私たち、

これでいいのかなー? 仏さまたちからすれば

あくせくし過ぎと笑われているかも知れないなーと、

休暇初日のゆったり感の中で、仏さまの世界を考えてみました。

 

なんといっても、お釈迦さま入滅後、

後継の仏さまである弥勒(みろく)如来が出現するのが

56億7千万年後、息の長さに驚きます。  

仏教の世界の最長時間は「劫(こう)」と言うそうです。

「四十里四方の大きな岩を、百年に一度、天女が羽衣で払い、

岩が摩滅して無くなるまでの時間よりなお長い時間」と

定義されています。また別の表現では、

「四十里四方の城(そんなに背の高い城はないでしょうけど)に

ケシの粒を満たし、百年毎に一粒ずつ取り去って、

そのケシ粒が全て無くなるまでよりも長い時間」だそうです。

 

実質的にどれだけの期間なのか見当がつかず、

ネットで検索してみました。横川 淳氏という理学博士が

ブログ上で精密な計算をし、岩の磨滅に4,000,000,000,000兆年、

ケシ粒の満杯は6,400,000,000,000兆年かかると言われています。

そういえば未来永劫の「劫」、もはや計算を通り越し、

永遠と同義語と言っていいのではないでしょうか。

 

そんなことを考えつつ過ごした休日、何となく気宇壮大になって、

お盆明けにはいい仕事ができそうな気がしてきています。

 

| 会計あるあるブログ | 16:45 | - | trackbacks(0) |