計算書類と財務諸表

  • 2020.06.29 Monday
  • 16:13

前回は、所轄庁告知による注記フォーマットについての確認結果をお知らせしました。実は筆者は、それ以前から興味を持ち、機会があれば各所轄庁の告知の実際を調べてみたいと思っていた事柄があります。それは、「計算書類」と「財務諸表」の使い方です。

 

ご存知のように決算書類について、NPO法第27条は活動計算書・貸借対照表を計算書類と称し、別に財産目録を挙げています。一方、NPO法人会計基準は第8項で活動計算書と貸借対照表を財務諸表とし、財産目録を加えて財務諸表等と称します。また、同基準第31項は、「財務諸表の注記」に記載すべき項目を掲げています。どちらを使ってもいいのですが、所轄庁はそうしたNPO法と会計基準の用語の違いに対し、どう対応しているのか?に興味があったのでした。

 

前回同様、7大都市(東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡、神戸)の所轄庁ホームページを覗きました。提出書類リストなどにはその記載がなく、実際にはそれぞれの「手引」を参照しました。「官」の世界では、法の用語が優勢だろうと予測したとおり、ほぼ全部が「計算書類」派でした。 1所轄庁のみ注記の表題が「財務諸表の注記」だったものの、「重要な会計方針」の文章が「計算書類の作成は・・・」で、用語が首尾一貫していないのが少々残念でした。

 

「計算書類」は法人内部のガバナンスに用いることが多いそうですが、NPO法人会計基準は、「外部報告のための会計報告」というニュアンスを強めるために「財務諸表」を用いたそうです。そのことを知り、NPO法人会計の役割・使命からは、順当な考え方と思ったものです。

 

用語の目的を知って以後、注記の表題は「財務諸表の注記」、「重要な会計方針」は「財務諸表の作成は、 NPO法人会計基準・・・・によっています。(・・・・は、公表日、改正日、協議会名)」と記載するのが自然体のような気がしているのですが、皆さんはいかが考えられますか?

棚に眠るお茶の葉たち

  • 2020.06.21 Sunday
  • 10:52

こんにちは。NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

 

6月になり、本格的に夏に一直線ですね。また、6月は梅雨の季節でもあります。湿気、カビ等には注意していきたいです。

 

さて、今回は、事務所にあるお茶(の葉)の話です。当センターが現在の事務所に引っ越したのが昨年の秋。小規模な会議や勉強会ができるスペースを確保できたため、これからは来客が増えるぞと思い、紅茶やお茶っ葉の詰め合わせを準備しました。 しかし、それから間を置かずにコロナの問題が発生し、予定していた会議や勉強会は全て中止になってしまいました。

 

使うタイミングを逃した茶葉たちは、まだ棚の中で眠っています。 未開封のものは良いのですが、中には使いかけのものもあるので、いい加減消費しないとしけってしまうなあ、と地味に悩んでおります。しけはともかく、カビてしまったら大変ですしね。

 

ということで、休憩時間等にちびちびと飲んでおります。これからどんどん暑くなります。皆様も水分補給はこまめにしてください!

 

それでは、また。

注記フォーマットの比較

  • 2020.06.15 Monday
  • 11:47

昨年4月に設立したNPO法人から、決算に関する質問がありました。事業年度をまたがる助成金の会計処理に関してでしたが、送られてきた注記案が気になり、いくつかアドバイスしました。

 

一つは「1.重要な会計方針」の第1行目です。

「計算書類の作成は、NPO法人会計基準(2011年11月20日 NPO法人会計基準協議会)によっています。」と書かれていましたが、正しくは(   )の中が、(2010年7月20日 2017年12月12日最終改正 NPO法人会計基準協議会)です。 そうお伝えしたら、市が提示している書式例を見て作ったが?と不思議そうでした。

 

そこで実態を調べてみようと、7大都市の所轄庁のホームページに掲載されているフォーマットを調べてみました。東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡、神戸です。すると面白いことがわかりました。 注記を事業報告書類の一つとして、財務諸表に肩を並べて表示しているのは3所轄庁のみで、多くは「手引」の中に収録されています。また、(   )内に会計基準成立日と最終改正日を記載した正しい表記は2所轄庁のみで、多くは旧スタイルにより一部改正日が表示されています。

 

中には「計算書類の作成は       によっています」と、日付等の記載を法人任せの所もあります。 なお、注記は10項目(記載義務あり7、義務なし3)あり、その第9項目目「役員及びその近親者との取引の内容」は、最終改正時に要記載事項が改正されました。それが各所轄庁のフォーマットに反映されているかを調べたところ、正しく反映しているのは2所轄庁のみでした。

 

上記の各比較において、福岡市は全てをクリアされています。ご担当者、関係者の皆様のきめ細かい気配り、ご尽力の賜物と、心より敬意を表します。

給付金・助成金手続きの簡略化

  • 2020.06.01 Monday
  • 09:11

国内の新型コロナは、いったん鳴りを潜めた感がありますが、世界的には570万人に達したとのこと、ほぼ兵庫県の人口に匹敵する感染者数の膨大さに驚きます。 経済落ち込みが懸念される一方、救済策としての持続化給付金と雇用調整助成金(特例)のニーズがかなり高まっている模様で、当センターへの問い合わせも増えています。

 

内容の概略は以前お伝えしましたが、手続きがその後簡略化されました。 例えば、雇用調整助成金は、従業員が概ね20人以下の小規模事業主は申請手続きが簡素になり、休業する場合は申請書4枚と添付書類だけになっています。計画書等の書類は不要になり、申請はかなり楽になったと思われます。

 

また、持続化給付金は、月の売上げが前年同月比50%以上減少すれば申請でき、該当月の売上台帳等及び前年の確定申告書の控えを提出する必要があります。しかし、NPO法人や公益法人等は、確定申告書の代わりに前年の年間収入が分かる書類でよく、前年の月平均額と当年の該当月の額との比較で可とされます。

 

ある法人から質問がありました。「前年の年間事業収入150万円、今年4月はコロナの影響で収入0円です。申請できるでしょうか?いくらもらえるでしょうか?」 給付額の算式は「前年の年間収入−対象月の収入×12か月」です。給付額の上限は200万円なので、「150万円−0円×12か月=150万円」が給付されると思います。 (あくまでも公開されている基準に則った筆者の理解です。質問いただいた方には、くれぐれも担当窓口で再確認していただくようお願いしました。)

手作りマスクをしてみたら

  • 2020.05.28 Thursday
  • 11:18

こんにちは。 NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

 

緊急事態宣言が解除され、ようやく日常に戻る第一歩が踏み出せました。 閉まっていたお店も徐々に再開し、街が少しずつ活気を取り戻している ように感じます。 とはいえ、コロナが終わったわけではありません。 手洗いうがい、換気、そしてマスクの着用は引き続き徹底していきたいです。 ということで、今回は、手作りマスクの話です。

 

街でもよく見かけるお手製マスク。カラーも模様もバリエーション豊富で、面白いですね。 去る4月、私も手作りマスクを着けて出勤しました。 しかし、用心のために分厚い生地を重ねたのが仇になり、だんだん息が 息が苦しくなってきました…。 念のために普通の市販マスクも持って行けば良かったのですが、すっかり 忘れていて、手作りマスクしかありませんでした。

 

結局、その日は酸欠になりかけながら仕事をしました。まだ4月で気温が 低かったにも関わらずマスクの中は蒸れ、顔の下半分を汗だくにしつつ 仕事をすることになってしまいました。 しかも、私はメガネをしているのですが、僅かな隙間から漏れる水蒸気で メガネが曇るという事態に…。 なお、その後マスクは改良を重ね、無事に息ができるようになりました(笑)

 

コロナの第一波は収まってきましたが、まだまだ油断は禁物です。 皆様もどうか、ご健康と安全を第一にご自愛下さい。 それでは、また。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM