NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


明けない夜はない

世界中が新型コロナウィルスの脅威にさらされる中、

爛漫の春が訪れているのに、どうも気分が高揚しません。

個々人の生命の安全がおびやかされるだけでなく、

世界の経済がどうなるのか、人々の生活がやっていけるのか、

まったく五里霧中の心細い思いがします。

 

折しも新年度のスタート時期、今年の新入生にも、

社会人1年生の若者たちにも、気の毒な門出になりました。

どうか負けないで、凛々しく発進していただきたく、

いえ、新人だけでなく誰もが、これから続くであろう暗雲の

トンネルにへこたれないで、励まし合いながらくぐり抜けたいものです。

 

京都大学の山中伸弥教授が言われています。

「新型コロナウィルスとの闘いは短距離走ではなく、

1年は続く可能性のある長いマラソンです。」

そして、皆を励ます次のようなメッセージも、併せて述べられています。

「桜は来年も帰ってきます。人の命は返ってきません。」

この週末、関西は天気もよく、満開の桜を楽しみたいと思うのが

人情だったことでしょう。でも、山中教授のおっしゃるとおりです。

命と引き換えになりかねない、そして身近な人まで危険にさらしかねない

花見をするべきでなく、さらに言えば、今後も外出はできるだけ

避けるべきなのです。 シェイクスピアの作品中の言葉です。

「明けない夜はない」。でも現代人の私たちは、

待てば明けることを知りながら、一晩待つことさえ

苦手になっているのかもしれません。

爆発的な数の感染者を出さない。急ぎ開発している

ワクチンの完成さえ待てば、人類は新ウィルスに打ち勝てる。

分かっていながら、危険を冒して街に出る。

もう少し忍耐強く、そして賢くなる必要がありそうです。

 

今回は、「会計」から外れてごめんなさい。

今、最も大切と思うことを、書かせていただきました。

 

| 会計あるあるブログ | 13:16 | - | - |
走りながら考える

新型コロナウィルス、嫌ですね。

地域によって緊迫度が異なるでしょうけど、

筆者の住む兵庫県は感染者数がどんどん増え、

3月20日に100人を超えました。

ご近所の噂では自宅近くでも感染者が出たそうで、

このピッチで増えれば200人到達もまたたく間では?

と懸念します。

世界中で猛威を振りまくウィルスですが、

感染の広がりと共に経済の悪化はどこまで?と、

空恐ろしく感じます。

そして、その影響をもろに受ける市民生活の先行きは?と

不安が募るばかりです。

どうも気持ちが滅入る話題ですが、その中でも、

いま振り返って「よかったなー」と思えるのが

2月実施のNPO法人会計力検定です。

少し時期がずれていれば実施できなかった?と、

冷や汗ものでした。

次は8月、「実践」検定の実施です。その時に状況が

どうなっているか?ですが、ぜひそれまでに蔓延が収束し、

つつがなく行えることを期待したいものです。

 

一方、3月末が目前に迫りました。

感染拡大による総会遅延や事業報告書等の提出猶予の

特例措置はあるものの、3月決算法人の決算作業は

例年通りの所が多いと思われます。

当センターは、会員法人の決算サポートに全力を注ぎつつ、

8月検定への準備活動にも力を入れて行きます。

検定準備では現在、実践テキストの分冊化が進んでいます。

従来の上下2巻は分厚く重いので、

扱い易くするための企画です。

当初はそうした所まで気配りができず、

既購入の皆さまにはご不便かと存じますが、申し訳ありません。

このことに限らず、代表以下スタッフ一同、

今後とも受験される皆さまにプラスになることを

「走りながら考える」スタンスで取り組んで行きたいと考えています。

 

| 会計あるあるブログ | 16:31 | - | - |
パンチはこまめに掃除しましょう

こんにちは。

NPO会計支援センター事務スタッフの松岡です。

新型コロナウイルスに伴うイベントの自粛が各所に

影響していますね。 NPOのイベントもたくさん延期・中止に

なっており、感染拡大防止のためには やむを得ないこととはいえ、

残念に感じています。 一日も早く終息するよう願っております。

 

さて、今回は、「パンチ」についてです。 といっても、

殴るパンチではありません。 書類に穴を開けるための、

事務用品のパンチのことです。

ファイリングには必須のこの道具ですが、この前ふと思いました。

「そういえば、ずいぶん長い間パンチの中を開けていないな」と。

種類にもよりますが、大多数のものは、

「穴を開けるために丸く落とした 部分(いわゆる「パンチくず」)」は、

パンチの中に収納できるように なっています。

当事務所にあるパンチも同様です。 定期的にフタを開け、

中に溜まったパンチくずを出していかないと、 詰まってしまいます。

 

最後に開けたのはいつだったかな、かなり溜まってるだろうな、と思い、

パカッとフタを開けると、中にこんもりと詰まっていた大量のパンチくずが

宙を舞い、床に飛び散りました。 慌てて掃除機を引っ張り出してきて

綺麗にするも、あちこちに飛び散った パンチくずは服や髪に

くっついていたり、机の下に入り込んでいたり… 片付けに苦労しました。

 

パンチの手入れは忘れがちですが、忘れずにやるようにしよう、

と学んだ 日でした。

 

それでは、また。

 

| スタッフの独り言 | 13:19 | - | - |
採点結果

先日行われた第3回NPO法人会計力検定の採点結果が出ました。

一般社団法人NPO会計力検定協会のブログでご覧いただけます。

合否結果は、3月末〜4月初め頃に郵送で届きますので、

受験された皆さま、どうぞ楽しみにお待ちください。

今回の検定に関し、関係者の一人として気になったことがあります。

 

前2回に比べて合格率が減り、平均点が下がったことです。

下表は、全3回の合格率と平均点です。

 

 

 

 

いずれの数値も年々漸減しています。理由は不明ですが、

初回が高得点すぎる(?)ところに原因の1つがあるのかも?という

見方もあるような気がます。

第2回目も含め、受験者の皆さまのすごい頑張りにより、

素晴らしい結果が出ています。そのデータを見て、

問題がかなり易しいのだろうと誤解された方がいらっしゃったのでは?

という憶測です。間違っていたらごめんなさい。

 

ただ今回、筆者は東京会場で試験に立ち会い、試験終了時、

数人の方に感想を尋ねました。その際のご回答を思い出します。

「まあまあできた」方のほか、

「テキストをきちんと勉強していれば解ける問題だった」

「そう難しいとは思わないが、もう少し勉強しておけばよかった」

というご回答があり、ちょっと微妙かも?と思ったのです。

 

その方々が、ぜひ合格されていることを期待しています。

 

| 会計あるあるブログ | 13:10 | - | - |
ほめて育てる

2月16日(日)

第3回NPO法人会計力検定(入門・基本)が

全国6か所で実施され、筆者は東京会場に出向きました。

遅刻の方や受験票持参を忘れた方があったり、

問題の印刷ミスが1か所見つかったりなどで

一寸ハラハラしましたが、全国的にもまず順調かつ無事に

終わりました。

 

東京会場は中央区の十思スクエアでした。

江戸時代の伝馬町牢屋敷跡であり、安政の大獄に

連座して処刑された吉田松陰終焉の地です。

幕府ににらまれて処刑された罪人とはいえ、

松下村塾で維新の志士、明治の元勲を多く育て、

奇跡の教育者と言われた人です。

29歳での処刑はいかにも無念だったろうと思いながら、

敷地内の辞世の句碑に手を合わせたのでした。

司馬遼太郎の著書や講演録によれば、身分の低い子や、

たとえ“はなたれ小僧“に対してでも、丁寧に語りかけ、

敬語を使った人です。

子どもたちから学ぼうという姿勢の表れだったのでした。

子どもたちは心から喜び、先生の一言ひとことに真剣に

耳を傾けたことでしょう。

司馬はまた、

「一人ひとりの門人について、その才能を、識見を、

気性を、とにかくほめた。ほとんどが良い評価を

書いてもらっている」と語っています。

「だから、みんなが松陰をかつぎ、その死後も、

維新後も、かつぎ続けた。誰もが松陰の弟子だったことが

自慢だった」そうです。

 

「ほめて育てる」は、人を伸ばす秘訣と言われます。

子どもの教育も職場の人材育成も同じです。

NPO法人会計力検定も、会計担当者をほめる目的のもと

創設されました。チャレンジし合格することで周囲からほめられ、

自分でもご自身をほめながら力をつけていただくことを願っています。

 

| 会計あるあるブログ | 10:34 | - | - |