「あるある賞」にノミネート?

  • 2017.07.15 Saturday
  • 08:23

前回登場された質問者さんとは、講座後の帰途の路上で

偶然またお会いしました。立ち話しながらアドバイスの続きを

したのですが、話の中で驚いた話題がありました。

 

前任者からの引継時、「(勘定科目は面倒だから)分からなければ

みんな消耗品でいいよ」と言われたそうです。

引継ぐ側はなんといっても初心者、素直さ満載で、

「そういうものなんだ」と思い込んでいたとのこと。

 

「だめだめ」と科目分けの目的を話しながら、似たような団体は

他にもあるあると思いました。消耗品よりむしろ雑費のケースが

多いでしょうけど、活動計算書のそうした科目が、ばかでかい団体、

勘定科目数が異常に少ない団体など、面倒ゆえの大ざっぱな事務処理を

推測してしまいます。 固定資産を費用で処理したり、何でも雑費になったり

したら、そのデータは信用するに足りません。勘定科目をいいかげんに

割り振るなどは、会計業務の信頼性を自ら崩すものです。

 

収益にしろ費用にしろ、科目毎の合計額や全体に占める比率、

経年変化、予算額との対比などは、団体の方針・計画策定のための

重要なデータです。それよりも何よりも、公表した決算書が真実でないことは、

市民の信頼を裏切ることになります。会計担当者が、データを曖昧または

ずさんに処理することがいかに間違っているか、立ち話し相手の

初心者さんにはぜひ理解してほしいことでした。

 

最近、当センター内では、雑談の中でよく「あるある」の語が

飛び交います。「よくあるけど、なおさなくちゃね」という思いを込めて

言う場合が多いように思います。年間の「あるある」賞を設けるとしたら、

上記のケースなどは真っ先に受賞候補?という、典型的「あるある」ネタでした。

 

簿記は必要ですか?

  • 2017.07.01 Saturday
  • 09:18

過日の講座で、受講者さんから

上記の表題のような質問を受けました。

 

「会計担当者が辞めたので、突然その役割が

自分に回って来た。会計は初めてで困っている」そうです。

 

NPO法人会計基準では複式簿記が採用されています。

だから、前述の質問への回答は本来簡単なことです。

そもそもNPO法人制度は、お役所よりも市民の目による

監督を重視し、そのための情報公開を前提とします。

決算書を所轄庁に出すのは市民に公開するためであり、

信頼される会計データ作成のために複式簿記が採用されたのです。

つまり、答えは「もちろん必要」です。

 

でも、いろんな法人さんの実情を考えると何とも答え辛い気がします。

「複式簿記の知識が必須」と言えば、困惑されるだろうNPO法人さんが

少なくないはずです。「簿記を知らない会計担当者は珍しくない」のが、

NPO界の常識と言えるかも知れません。

 

「お金の出入りが少なく、現金出納帳だけで大丈夫」

「ソフト入力だけで決算書までたどり着ける」など、

簿記を知らなくても何とかなっている実態があります。

そして、それでもいいのだと思います。

要は日々の正しい事務処理の結果として正しい決算がなされること、

それが絶対条件(must)です。とすれば、「簿記の知識」は

必要条件(should)と言ってもいいのではないでしょうか。

 

簿記上級者が必ずしも会計事務に堪能ということではありません。

でも、簿記の知識を身につければ日常の実務に自信が増すでしょうし、

スキルの広がり、深まりも期待できます。ボチボチでいいから基本的な学習に

取り組んで行くことができれば、それがベストだと思います。

 

借入金を活動計算書に

  • 2017.06.17 Saturday
  • 08:44

若かりし頃、「忙しい!」と悲鳴をあげ、

イヤミな上司に言われたイヤミを思い出します。

「キミらの仕事はたかだか時間単位だろ?ホントに忙しい人は

秒を争って仕事してるんだぞ。」

でもさすがに「そんな仕事したくもない」とは言えず、

ぐっと呑みこんだウブな時代の思い出です。

ところで4〜6月の当センター、荻野代表の日常は、

「秒」ではなくても「分」を争う日々。

会員団体への対応に追われ内部の打ち合わせなど“駆け足”もいいところ。

健康ならこそと感心します。

 

この時期、会員に限らずさまざまな団体・個人から

決算関連の質問電話が舞い込むことも多く、

筆者が対応する機会も増えます。

即答できない難問もあり、調べてお答えすることもありますが、

質問対応こそ自分の勉強にもなり、知識が広がり深まる有難い機会と

喜んでいます。

 

過日、「借入金を記載したら決算書類が合わないので困ってる」

という質問がありました。「ハハーン」と思いつつ、念のため作成中の

書類を送ってもらいました。やはり推測どおり、活動計算書に借入金を

記載しようと奮闘の模様。

でも、なんと書式は、NPO会計基準以前は一般的だった収支計算書を

アレンジしたものであり、ご苦労の跡がしのばれます。

収支計算書はお金の出入り(収支)を表記し、借入金も

「その他資金収入」として記載します。

しかし、最終的には「負債増加額」として引き算し、正味財産を算出します。

 

結果的に貸借対照表と合うものの、活動計算書に較べると、

なんとも複雑で回りくどい(不適切な表現ですみません。)思いがします。

「借金は、しても返しても、活動計算書には無関係。」

質問された方への回答でした。

 

NPO会計日誌の書き方

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 09:03

「NPO会計日誌」という現金出納帳があります。
1日のお金の動きを1ページで書いていくものです。

現金の管理をする上で必要な条件をクリアするのに便利なノートです。

この現金出納帳は、「会計の基本」である「現金」の管理を
正しくおこない、正しくおこなっていることをきちんと人に
証明できるように工夫されたノートとなっています。

日々のお金の動きの記録がいい加減だと、それを集計した会計書類も
信頼できないものとなります。

会計担当者が作成した会計書類が「信頼できる書類」であるかどうか、は、こういった日々の記録から証明するのです。
単に決算時点で残高が合っているだけでは、
処理が正しいかどうかは証明できませんので、注意しましょう。

では、実際に「NPO会計日誌」の書き方を見ていきましょう。


まず、NPO会計日誌の1日のページサンプルです。
ここには表現できていませんが、このノートはA4サイズのノートで
開くと、向って左側には、領収証を貼付するようになっています。
そして向って右側が、この「一日のお金の動きを記入する」場所となっています。



実際に記入してみた例が以下のようになります。
記入方法については、NO2 とNO3 で説明しましょう。

NPO会計日誌の書き方(収入の部) NO2

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 08:55

NPO会計日誌の書き方[入金の部]について説明します
(NPO会計日誌については、こちらを参照ください)

(1)日付 最初に、日付の記入からです。
 この日付は、今、記入しようとしている「その日」です。
 買物をした日や、領収証の日、ではありません。
 
 原則はお金の出し入れをし、そのときにすぐにノートに書きます。

 そのため お金の出し入れをした日=記入する日 です。

 もし、昨日、金庫からお金を出して支払をしたけれど、忙しく、
 今日になってから、ようやくノートに記入する場合、いつの日にするか。
 金庫の残高を数えることができるのは、今、記入しているこの瞬間です。
 ですから、お金を数えて確認できる、今の瞬間の日付にします。
 今日の日付で記入して、今日の最後に、お金を数えて残高を確認します。

(2)前日からの繰越残高を記入
 前のページの最後の残高を、ここへ持ってきて記入します。
 この金額は、前のページの最後の行、「お金を数えた金額」です。 

(3)収入の内容を記入
 お金が入金になった内容を書きます。
 まず、勘定科目名、それから、金額、そして相手先(入金先)と、内容
 
 勘定科目がわかりません、という質問がよくあります。
 まず、このノートを記入する前に、自分たちの団体の予算書を確認します。
 *どの事業にいくら使う予定なのか。
 *それぞれ事業の予算額はいくらなのか
 *それぞれ事業は、どういう収入でなりたっているのか
 *それぞれ事業は、どういう支出を想定しているのか、科目を確認

 これらをみながら、今、受け取った入金が、団体のお金の動きの中の
 どれに該当するのか、を決めます。
 重要なのは、科目名、ではなく、どの事業のどういう内容のお金なのか、
 ということがわかるようにすることです。

 ★名称に、こだわる必要はありません。 
たとえば、参加料、か、参加費か、で長い時間悩んでいる人を見かけますが、
まったく無駄です。それよりも、

 何というセミナーの参加料をうけとったのか。
 単価金額と人数は正しいのか
 このセミナーは、定款で定めている事業のうちの、どれに該当するのか
 というようなことについて、考えることです。

(4)預金からお金を出してきた場合

普通預金やゆうちょ銀行からお金を出してきて、金庫へいれた場合には、ここに記入します。

(5)その日の入金額の合計
前日の繰越金額は、足し算しません!




では、具体的に書いてみると、こんな感じです。




 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM