NPO会計支援センター

2005年からNPO法人の会計支援に特化した活動をしています。
NPO会計に関するいろんな出来事などを綴っていきます。


仏さまたちの時間感覚

お盆ですね。人々の仏教への関心は薄れても、

国民的行事とも言うべきお盆は廃れずに続くことを、

どこか面白く感じている筆者です。

ともあれ、お盆休みになり、気持の上で

ゆっくりされている方も少なくないと思います。

 

おたがい時間に追われがちな現代人の私たち、

これでいいのかなー? 仏さまたちからすれば

あくせくし過ぎと笑われているかも知れないなーと、

休暇初日のゆったり感の中で、仏さまの世界を考えてみました。

 

なんといっても、お釈迦さま入滅後、

後継の仏さまである弥勒(みろく)如来が出現するのが

56億7千万年後、息の長さに驚きます。  

仏教の世界の最長時間は「劫(こう)」と言うそうです。

「四十里四方の大きな岩を、百年に一度、天女が羽衣で払い、

岩が摩滅して無くなるまでの時間よりなお長い時間」と

定義されています。また別の表現では、

「四十里四方の城(そんなに背の高い城はないでしょうけど)に

ケシの粒を満たし、百年毎に一粒ずつ取り去って、

そのケシ粒が全て無くなるまでよりも長い時間」だそうです。

 

実質的にどれだけの期間なのか見当がつかず、

ネットで検索してみました。横川 淳氏という理学博士が

ブログ上で精密な計算をし、岩の磨滅に4,000,000,000,000兆年、

ケシ粒の満杯は6,400,000,000,000兆年かかると言われています。

そういえば未来永劫の「劫」、もはや計算を通り越し、

永遠と同義語と言っていいのではないでしょうか。

 

そんなことを考えつつ過ごした休日、何となく気宇壮大になって、

お盆明けにはいい仕事ができそうな気がしてきています。

 

| 会計あるあるブログ | 16:45 | - | trackbacks(0) |
金庫の現金について

会計支援センター事務スタッフの松岡です。

8月になりました。 毎日毎日暑いですね。

アイスを買っても、家に帰る前に溶けてしまいます。

蝉の鳴き声もにぎやかです。 しかし、ある人いわく、

「本当に暑い時は蝉も鳴かない」そうですよ。

本当かどうかは知りませんが。暑すぎると蝉も

バテるのでしょうか。

 

さて、今回は、金庫の現金についてです。

当センターの金庫はダイヤル式です。ダイヤルを合わせて

レバーを上げると蓋が開きます。 小銭は、金庫付属の

コインカウンターに入れてあり、一目で枚数と金額が

分かるようになっています。 ただ、金庫が開く時、

勢いよくガチャーンと開くことがあります。

そのはずみで、中の小銭が飛びはねて下に落ちて

しまったりします。

 

 

以前、現金が10円足りないことがあり、

金庫の隅まで確認すると、下の隙間に挟まっていました。

金庫の中で小銭が飛び跳ねたり、転がったりすることって、

ありませんか? かといって、袋に入れておくと、

数える時にいちいちコインカウンターに並べなければ

ならなくなり、 それも手間ですし…。 難しいですねー。

私の場合、お札は10枚を一束にしてまとめているんですが、

小銭はどうにも…。 いつも、金庫を開ける時はそーっと

開けています。

 

みなさまは、金庫を開けるたびに、現金の額が出納帳の

残高と合っているか確認されていますか? 何回かに1度、

確認していればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、

現金が合わない時に すぐ気づけば、原因や対策も

考えやすくなります。 現金が足りない!という時には、

焦らずにもう一度、ありそうな場所を探してみましょう。

 

持ち出した現金やお釣りを入れていた封筒の中に

残っていたり、机の上、床などに落ちているかもしれません。

もしかしたら、それこそ金庫の奥に転がっているかも

しれないですしね。 面倒くさくても、現金の確認・管理は

こまめに行うようにしましょう。

 

今回は短めの内容になってしまいましたが、

この辺で。 またお会いしましょう。

 

| 新米スタッフの独り言 | 16:09 | - | trackbacks(0) |
NPO法人会計「キホンのキ!」講座

NPO法人会計の講座のお知らせ

 

参加者大募集!

◆入門編:全くはじめて!から学ぶ「初学者向き」

◆基本喫圈Гちんと基礎!を学ぶ「ちょっとだけ経験者向き」

 

 

お問い合わせは、NPO会計支援センターまで!

定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

 

| セミナー | 17:34 | - | trackbacks(0) |
エアコン購入の会計処理は?

過日、長年親しく交流している某NPO法人から、

理事の勉強会をするので来ないかと誘われました。

新しい事務所への引越し直後で、リフォームした部屋が

新築のようにピカピカでした。それだけに何かと物入りで、

たとえばエアコン費用が15万円だったそうです。

 

固定資産会計は、なかなか難しいものです。

勉強会では細かい話までは行き着かなかったものの、

その後、会計担当理事とエアコンの会計処理を話しました。

 

最初に「10万円以上で長期に使用できるモノは、

費用じゃなく資産です」と言ったことからして難解で、

あれこれ補足が必要でした。

 

固定資産を買えば「お金」という資産が「モノ」資産に

変わるだけ。正味財産額は変化しない。

 

でも次第に「モノ」の価値が落ちるので、価値低下分を

年々「減価償却費」として費用化する。

 

20万円未満の固定資産は、「一括償却資産」という

償却方法が選べる。この方法は、年に価格の3分の1ずつ

減価償却でき、3年で資産額がゼロになる。

 

つまり、今年度末の貸借対照表で、エアコンは15万円の

固定資産(什器備品)で計上します。来年末の活動計算書で

減価償却費を5万円とし、固定資産額からその5万円を差引いて、

前年15万円だったのを10万円にします。

それを繰り返し、3年後の固定資産額は0円になるのです。

 

最初は「?」だった担当理事から、

「しっかりとわかりました!ので大丈夫っ!」と、

ニコニコ顔を彷彿させるような嬉しいメールが届きました。

その後、前回もお伝えした連続講座での演習問題に、

このケースを採り入れました。予行演習が生き、

分かり易い説明ができたような気がしています。

 

| 会計あるあるブログ | 16:08 | - | trackbacks(0) |
バッチリ!の仮払金

「NPO会計のレベルアップ」を謳った

連続講座が終りました。豪雨禍にぶつからず、

酷暑にもめげず、3時間×3回の長丁場を

大勢の方に熱心に聴講いただけたのが有難かったです。

 

筆者は恥ずかしながら決して「会計大好き」人間では

ありませんが、NPOの発展を願う、いわば「使命感」

のようなものに促されて会計に取り組む日々です。

講座ご参加の皆さんも、きっと「好きじゃないけど、

やらなくちゃ」の人が多いのだろうと思っています。

妥当ではない表現をお許しいただければ、

いわば気心が通じる仲間というか、

「同病相哀れむ」に似た親しみを感じてしまいます。

 

だからこそ、そういう方に「少し分かってきた」と

言っていただけるのが飛び切り嬉しいのです。

1回目終了時、「頭の中が真っ暗闇」と言われた方が

いらっしゃいました。2回目も「よう分からん」でした。

だから最終回、この方の急速の進歩が見られたのは、

筆者には感動的でした。 仮払金が難しいとの声があり、

出張仮払い1万円、返金2千円のケースで仕訳を説明しました。

 

<出張時の仕訳>

(借方)仮払金 10,000 / (貸方)現金 10,000

 

<精算時の仕訳>   

(借方)旅費交通費 8,000 / (貸方)仮払金 10,000

(借方)現金    2,000 

                         

応用として「逆に旅費超過で2千円追加払いの精算を、

後で各自考えてみてください」と言い、この件を終えました。

すると講座後、「真っ暗闇」の方が「合ってる?」とメモを

持参されたのです。

 

<精算時の仕訳>

(借方)旅費交通費 12,000 / (貸方)仮払金 10,000

                 (貸方)現金 2,000

 

「バッチリです!」とほめつつ、講座準備の苦労が

報われた気がして心が満たされたのでした。

 

| 会計あるあるブログ | 13:49 | - | trackbacks(0) |