ちょっと変わった検定ですが・・・・

  • 2017.09.09 Saturday
  • 10:50

前回の「究極の支援策」を読んで、自称愛読者の友人が

早速電話をくれました。いわく、「ちょっとオーバーちゃーぅん?」。

言われてみればそうかも?と思いつつ、「でもな」とルル説明しました。

 

NPO法人の会計担当者は、活動に共鳴して参画したものの、

会計力がある人ばかりではありません。知識や手法を理解せずに

何とかなる世界ではなく、一定レベルの処理能力を要します。

ではその実践力と自信をつけるためにどうするか?

 

荻野代表が会計担当者の支援事業を10数年続ける中で

考え続けて到達したのが、検定という手法です。

それも、単なるテストによる資格認定が目的ではなく、

実務密着のテキストを作り、その解説講座も行った上での検定です。

筆者もテキストの一部、僅かばかりの原稿を担当しましたが、

最初はダメ出しを食らいました。

荻野代表の目指すものと視点が全く違ったのです。

「それじゃ検定本じゃなくマニュアルじゃないですか!」と

思わず言いたくなる食い違いようでした。

 

でもあっさりと、

「そうですよ、実務でみんなが困っていることを書くのです」と

言われてみて、「なーるほど」とやっと理解できたのでした。

いわゆる「検定本」ではなく、狙いは「講座も検定もある実務教本」

だったのです。

多数の法人に個別支援は無理。でも現状のまま放っておけない。

ではどうする?と悩んだ末に行き着いたのがこの「究極の支援策」なのです。

○級などの等級はなく、「入門」「基本1」「基本2」など、

のテキスト名がそのまま検定の種別を表すなど、少々変わった「検定」と言えます。

 

でも、この風変わりな検定が世に広まり、悩める会計担当者への

福音なれかしと切に祈る公開前夜の今日この頃です。  

 

究極の支援策

  • 2017.08.27 Sunday
  • 18:00

「会計は専門でなく、実務で会計を担当したこともありません。」

筆者が講座などで話す自己紹介のさわりです。

「横道から会計に入ったので、迷える人の気持ち、分るなー」と

言いたいのです。  

 

会計力の素地は、企業人時代、自部門の損益管理や監査部門経験の中で

養えたと思います。でも一番力がついたのは、NPOで多くの運営相談を

こなしたおかげと思っています。

 

会計の課題に、相談者と共に迷い悩みつつ、知識と自信が増したことを

実感しています。「質問を受けることが、自分のステップアップへの近道」

振返ってみれば、そんなことが言えるかも知れません。

昔の自分なら「現金出納帳の書き方」講座があるなんて考えられないことでした。

「そんなの簡単、誰でもできる」と思い込んでいたからです。

上滑りで何もわかっていませんでした。

 

でも今は大丈夫、現金出納帳が会計現場では何よりも大切で、

しかもなかなか一筋縄ではいかない代物だと知っています。

例えば現金残高がマイナス!あり得ないことが起こる不思議。

「間違っています」の指摘は簡単です。

再発しないためにどうすればいいか?それが私たちのチャレンジなのです。

 

会計だけに専念できる環境でなく、教えてもらえる人も身近にいない。

でも、決算の公表が義務。思えばなかなかハードなことを、

皆さんやっていらっしゃる。だからこそ、支援に熱が入ります。

 

当センターの荻野代表など、熱が入りすぎて、「NPO法人会計検定」を

始めると宣言しています。詳しくは追ってHPトップページ(現在工事中)で

お知らせしますが、とにかく会計担当者の実務力向上のために

どうすればいいかを考え続けた結果の「究極の支援策」です。

 

現場密着の、中身の濃いテキストも近々デビューします。

真に受検者思いの新しいタイプの検定、乞うご期待です。

 

「身体で覚える」にはほど遠いけど・・・

  • 2017.08.12 Saturday
  • 22:58

7月から9月まで、神戸市の兵庫県民会館で全4回の

「NPO法人会計レベルアップ講座」が開催されています。

筆者がつたない講師を務めていますが、なんと予定の2倍、

50人以上もの参加申込みがあり、

主催団体(NPO法人市民活動センター神戸)では、

てんやわんやだったようです。

 

6月には姫路市で開催された同趣旨の講座に呼んでいただき、

やはり参加者が意外に多いのが印象的でした。

中身はいずれも初心者向きの内容で、決して目新しいことは何もありません。

それだけに、NPO会計のこうした講座に対するニーズが根強くあることを

再認識したのでした。

 

仕事の上達にはOJT(仕事の中で実地に育成)が良いものの、

それが難しいのでOFF JT(仕事を一時的に離れて育成)としての

外部講座に参加される団体も少なくありません。

そういう意味で、この4回シリーズではできるだけ演習を取り入れ、

体験的に理解していただこうとしています。

 

そんな折も折、先日出席した会議である税理士さんからお聞きしました。

「私たちは身体で簿記を覚えたものよ。」無数の練習問題を解いたからこそ、

力が身についたのだそうです。筆者はそれほど練習しなかったから、

そういう頑張り屋さんは尊敬してしまいます。

スポーツでも芸術でも、仕事でも同じですよね。

たくさん練習すれば上手になるし、なによりも自信が身につくものです。

 

冒頭の4回シリーズ、先日の2回目では現金出納帳の書き方を練習しました。

次回は総勘定元帳〜試算表を体験し、最終、財務諸表に至ります。

時間がない中、できるだけOJTに近づけたいと知恵を絞りながら、

炎暑の中を熱心に学んでいただく皆さんのお役に立ちたいと願っています。

 

現金出納帳 NO2

  • 2017.08.12 Saturday
  • 10:28

(事例)
・理事長が5月28日に、会場代を個人の財布から立替払いをした。
・その会場代は、7月に実施するセミナーの会場代の前払い
・8月5日に、法人のお金の出し入れを担当しているスタッフと

 その会場代の領収証を渡して精算をした。
・担当者は、8月5日の現金出納帳記帳の際に記帳した。




このように、現金出納帳に記帳します。
みなさんは、このように記帳していましたか?
領収証を見ながら記帳して、5月28日の日付で現金出納帳に書いたり
していませんか?

手書きの現金出納帳なら5月のページに加えることができなくてこまる
けれども、もしエクセルで現金出納帳を書いていたら、行挿入すれば
5月28日のところに追加することができてしまいます。

そんなことは絶対にしてはいけません!
5月28日には、法人のお金が動いていないのですし、
現金出納帳を日付をさかのぼって書く、なんていうことが言語道断です!


さて、現金出納帳を正しく8月5日の日付で記入したとします。
ところが、このようにして記帳し、集計をすると、この会場代や交通費は、

8月支払い分として集計されることになります

もし月別に支出の集計をしている場合は、

5月に支払をしたにもかかわらず、8月に集計されて表示されます。




こういう結果になってしまって、担当者の方の多くが、
「5月に支払をしたのに、集計では8月になるのはおかしいと思う!」

と言われます。

みなさんは、どのように思われますか?
基本的に、この処理でまったく間違っていないのです。

何度も言いますが、
実際にお金が動いた日に会計処理をすることが原則です。

これは、会計処理がおかしいのではなくて、

法人としてそういう会計処理をせざるを得ない「体制」が問題なのです。

金銭的、人事的態勢から考えると、今のお金の精算方法が

ベストでしょうか?
代表やスタッフ等が立替支払いをしなくてすみような、

会計の体制をつくりことはできないでしょうか?

あるいは、今の体制を変えることができないとすれば、
立替払いをしたお金の精算、のルールを改善できませんか?


「立替払いをした場合には、精算を1週間以内に行う」ことは

できませんか?また必ず同月以内には精算をするのは無理ですか?
立替払いしてもらっていることをいいことにして、ルーズにいつまでも
会う機会があるまでほおっておいては、いけませんね。

 

大切なことは、代表も含めて事務に携わる人全員で、どのようにすれば

処理が遅れないか、ルーズにならないか、間違いを減らせるかを

検討して「決める」ことです。

もし金銭的に可能であれば、個人の財布から立替払いではなく

法人のお金から「仮払い」をして精算という方法もあります。

当然この場合も、何日以内に精算する、というルールが必要です。

そういった事務局内の体制を整えたうえで、

「5月に支払ったものを8月に精算した」場合には、

簿記のルール「発生主義」にすれば、解決することもあります。

今回の場合であれば、会場を利用したのは7月です。

5月には「前払金」として処理をし、7月に会場代に振替える処理をし

同時に、まだ払っていないので「未払金」にします。

こうなると、簿記の知識も必要ですし作業も煩雑になります。

それよりも、まずは、
今のお金の取扱方法、精算の方法、支払の限度額など、

法人内部で今一度検討して、皆が共有できるように、わかりやすい、

守ることができるルールを考えて見ましょう。

現金出納帳 NO1

  • 2017.08.12 Saturday
  • 10:04

「出納帳を記入する際の日付はいつ?」

とても多くこの質問を受けます。NPO法人では、事務所があって金庫が設置してあって、金庫番である会計担当者が居る、という形態をとっているところは比較的少ないですね。

団体のお金を会計担当者が封筒等にお金を入れて持ち歩くという場合も結構よくあります。すると、理事長などが普段必要な経費を立て替えておいて、後日、会計担当者と会った際に精算するということになります。

現金出納帳を記入する日付は、基本的に「団体のお金が動いた日」です。 
つまり会計担当者が、立替払いをしてくれていた人と精算をした日、ということになります。

ところが、みなさん、悩まれる問題があります。
立替払いをした日と、精算をした日の間がかなりあいていて、月が違う、という点です。

たとえば5月3日に、セミナーの会場を予約するために会場費を立替払いをします。ところが、会計担当者と会って精算するのは、7月のセミナーも終わってしまったあと、8月になってから、まとめてすべての立替を精算する、ということがあります。
みなさんも、そのようなことがありませんか?

みなさんが悩む点はこうです。
「5月に支払ったものを8月として記録して処理するのか、何かおかしいのではないか。セミナーは7月に行われたのに、8月に会場費を払ったことになるなんて、外部への説明もつじつまがあわなくて、だめなんじゃないでしょうか?」

非常にこういう相談が多くありますが、みなさんなら、どうすればいいと思われますか?

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NPO会計支援センター

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM